« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

愛するペットが困らぬように・・・

愛するペットが困らぬように、遺言を残しておきたい。

遺言書作成のアドバイスを行う行政書士に

そんな相談が相次いでいる。

民法上、ペットに直接遺産を残すことができないため

ペットの世話をしてくれることを条件に、家族以外の

人に遺産を贈るという内容の遺言書を作るケースも

出てきた。少子高齢化で独り暮らしのペット愛好者

も増える中、ペットへの遺産相続の問題に関心が

高まりそうだ。

「人によってはペットは家族以上の存在。遺言書への

関心も非常に高い」東京都台東区の行政書士の元に

「ペットに遺産は残せるか」という相談が初めて寄せられた

のは5年前。以来、約50件の相談があった。

民法上、ペットは「物」で、相続人になれないため

遺産を相続させることはできないが、「負担つき

遺贈という方法なら、事実上ペットのために遺産を

残すことはできる」と説明している。

「負担つき遺贈」は本来、「親の面倒をみる条件で

遺産を残す」「農業を継ぐ代わりに土地を与える」といった

遺言の仕方だが、これをペットに応用した形だ。

この方法で、これまで3人が実際に遺言書を作成した。

1人は70歳代の女性で、愛犬のために残す遺産は

1500万円。贈り先は気心の知れた近所の友人だ。

ほかの2人も高齢者で、ペットの世話を条件に300万~

500万円の遺産を贈るという遺言書を作った。

トラブルが起きないように、遺言書は自筆ではなく公正証書

にし、エサの回数や散歩の頻度など世話の内容を具体的に

定めた「覚書」を、遺産を贈る相手と交わした。

相談者は高齢者に限らない。インターネットでペットに関する

相談を受け付けている熊本市の行政書士事務所には

30歳代の独身女性2人から遺言書を起案してほしいという

依頼があった。うち1人は10数頭の犬を飼っており、同僚など

数人に数頭ずつ世話を託した遺言書を作ったという。

ただ遺産相続を巡る問題だけに、トラブルも予想される。

①遺産だけ受け取って世話をしない。

②法廷相続人などから異議が出る。

③世話を頼んだ人にペットがなつかない。

など様々な問題が生じる可能性があるという。

対策の一つは、遺言内容を実行に移す権限を

あらかじめ与える「遺言執行者」を指定しておくこと。

約束を守らない場合や、世話の内容があまりにひどい場合

この遺言執行者が、遺産を贈るのを取り消すことができる。

2008.2.11.読売新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしペットより自分が先に死んでしまったり、身の上に何かが

あったら・・・と、ときどき考えます。

私は今のところ1匹しか飼っていませんが、多頭となると

また別の問題が生じてきます。

安心してペットを託すことができる人がいたら・・と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

ペットの「メタボ」診断

エサの与えすぎや運動不足が原因で

犬や猫が陥る肥満や糖尿病を予防し

適切な治療にも役立てようと、日本獣医生命科学大の

新井敏郎教授(臨床生化学)の研究グループが

ペット版のメタボリックシンドローム診断の

基準作りを進めている。

犬や猫は血管が丈夫で、人間のメタボリックシンドローム

のように動脈硬化から心筋梗塞などになりにくいが

糖尿病や白内障になりやすい。

また、太りすぎて内臓に脂肪がたまると、免疫機能が

下がって風邪をひきやすくなったり、傷が治りにくく

なったりするほか、感染の恐れも高まるという。

「今でも血糖値などの目安はあるが、基となる

データが少ない。測定方法もまちまちで、獣医師の

診断は曖昧になりがちだ。統一的な基準を定める

ことで、効果的な治療や上手な飼い方ができるように

なれば」と新井教授。

今春から夏にかけ、ペットショップや獣医師に

協力してもらい、犬と猫各、約2千500匹ずつの

血液を検査。体重や性別、年齢ごとに血中の

ブドウ糖や中性脂肪、コレステロール、インスリン

脂肪細胞が分泌するホルモンなど10数項目の

標準的な数値をまとめる。

これらをデータベース化し、獣医師や飼い主が数値を

入力すると「餌を変えて」「運動させて」などと簡単に

アドバイスできるシステムの開発も目指すという。

数千匹規模の犬、猫の健康調査は過去に例がないと

いい、新井教授は「健康診断のほか、肥満と感染症

の関係や、がんの診断などにも応用したい」と話している。

2008.2.26.北海道新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペットにも「メタボ」の時代です。

私の知っている猫でも、かなり太目の猫がいて

ダイエットに苦労しているそうです。

獣医師から処方されるフードを食べていますが

効果のほどは???

ペットも大切な家族の一員だからこそ

人間と同じように、健康にも気を配ることが大切ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年2月23日 (土)

猫足マッサージ

昨日は2月22日で猫の日でした。

こんな日に猫が喜ぶマッサージなどはどうでしょうか。

人間と同じく、マッサージをすれば筋肉のコリがほぐれて

血行が良くなと言われています。

マッサージには多種多様にあるようですが、ここでは

後ろ足のマッサージを書きたいと思います。

これは筋肉のコリをほぐすマッサージ。

Asi

クルクルと円をかくようにして、下へ進んでいきます。

そして肉球。

Nikukyuu

人間の足のツボにも同じく「湧泉」があります。

元々むくみや疲労に効くツボとされている

とても重要なツボでもあります。

この「湧泉」を軽く30秒くらい指圧すると良いです。

猫にとっても利尿効果が期待でき、免疫力のUPに

つながるかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ペットフード法規制へ

ペットフードの安全性を確保するため

政府が今国会に提出する予定の

新法案の内容が19日、明らかになった。

国がペットフードの製造方法・表示の

基準や成分の規格を設定し、合わない場合には

製造などを禁止、有害物質が含まれれば

廃棄や回収を命令できるようにする。

違反すると、個人には1年以下の懲役か

100万円以下の罰金、法人には

1億円以下の罰金を科す。

法案には「愛玩動物用飼料の安全性の

確保に関する法律」。対象は政令で

定める。

当面、ペットフード流通量が多い犬と猫を

想定している。

米国などで中国産原料を含むペットフードを

食べた犬や猫が死ぬ事件が相次ぎ

リコール対象製品が日本でも輸入販売

されていたため、農林水産省が有識者らによる

研究会を設置、課題を検討してきた。

国内にはペットフードに関する法規制はない。

輸入業者と製造業者には事業を始める前に

届け出ることを義務づけ、販売業者を含め

帳簿を備え付けて製品名や数量、取引先の

業者名などを記載し、保存させる。

今国会での成立を目指し、来春に施行する方針。

2008.2.20.朝日新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは歓迎すべきことではないでしょうか。

ペットフードについて色々と調べてみても

何が良くて何が悪いのか、混乱していまい

中毒などの事件が頻繁に起きている昨今では

疑心暗鬼になってしまうばかりです。

ペットも大切な家族の一員だからこそ

安心してて食べられるものを与えたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

もずくちゃんの飼い主さん決定!!

1月19日に里親募集をしていた、もずくちゃんの

新しい飼い主さんが決定しました!!

17日に新しい飼い主さんの正式な家族となり

これからの猫生を送ることになりました。

もずくちゃんは、今まで苦労が多く

安住の場所がありませんでしたが、今回

家族となって下さった方は、とても温かい心で

迎えていただき、大切にしてくださる様子が伺えました。

幸せの道を遠回りしたけれどもう、大丈夫。

今度こそ幸せになれることを願っています。

もずくちゃんのことで、大変な努力と苦労をされた

札幌在住のくちさん、お疲れ様でした。

ブログで里親募集の記事を公開してくれた

lockaさんyocoさん、ありがとうございました!

そして、このブログを見て色々と心配をして下さった方々

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

中国産ペットフード

中国産の原料を使ったペットフードを食べた

犬や猫が相次ぎ中毒死した問題で、米ミズーリ州の

連邦大陪審は6日、原料を製造した江蘇省の

メーカーなど中国企業2社とネバダ州の輸入業者を

起訴した。日本では農薬が混入した中国製ギョーザ

を食べた人が重体に陥るなど、中国製品の信用が

揺らいでいるが、米国で食の安全問題に関係して

中国側の関係者に刑事責任が問われるのは異例の

ことだ。

食品医薬品局(FDA)が同日発表したもので

3社の経営者らも同時に起訴された。

3社は共謀して、米国で使用が禁止されている

科学物質メラミンを混入した原料を「小麦グルテン」

と称して800トン(85ドル=約9000万円相当)を

米国に輸入した疑い。中国当局の検査を逃れるため

偽の申告もしていた。

メラミンを混ぜると原料のたんぱく質含有量を

高く見せることができ、製品には「最低含有率75%」と

偽表示されていた。この原料を使いカナダのメーカーが

製造したペットフードで昨年3月以降、犬や猫が

大量に中毒死していたことが発覚した。

中国政府はこれら中国企業2社を営業停止処分に

するとともに責任者を逮捕。

このペットフード禍は中国製品への消費者不信が広がる

契機となり、その後も、有毒練り歯磨き粉のほか

抗菌剤が検出された魚介類の輸入禁止、さらには

鉛が混入した玩具の大量回収と波及していった。

2008.2.7.産経新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このペットフード事件があってから、私もフードに対して

神経質になってしまいました。

フードの業者はこぞって成分検査を行い、その結果を

ネット上で公表していたものを見たことがあります。

ただ聞くところによると、獣医師などの専門家が

フードメーカーに成分のことを問い合わせしても

すべて教えてくれる訳ではないといいます。

実際私が飼っている猫も、フードに含まれている

成分で受け付けないものがあったため、吐いてしまう

ことがありました。

しかも前は含まれていないものが、突然含まれている

ことに気づき慌ててしまった覚えがあります。

ペットが食べる物に対して、もっと真摯に受け止めて

ほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

猫と保健所と犬のこと

宮崎県警宮崎北署は14日、宮崎市の山中に

猫を遺棄したとして動物愛護法違反の疑いで

宮崎市保健所の衛生課長や係長4人を書類送検した。

調べでは、課長らは昨年9月、市内に捨てられてた

子猫5匹を住民に頼まれて引き取り、同市大瀬町の

山中に遺棄した疑い。

同市保健所によると、動物合愛護法では自力で生きられない

ような子猫意外は引き取れないのが原則だが、今回

書類送検された件については「捜査中なのでお答えできない」

としている。

捨てられた子猫4匹は数日後、宮崎北署員らが見つけて

保護されたという。

2008.2.14.MSN産経ニュース 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったい何でこのようなことが起こるのでしょう。

宮崎県の保健所の職員といえば

昨年テレビの「ぽちたま」で、保護された犬を自ら飼い主となり

幸せに暮らしている・・・ということを放送されたばかりなのに。

方やこんなニュースも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は小型犬の純血種同士を掛け合わせた

「ミックス犬」が人気を集めている。

飼い主の需要が多様化したことの表れとされ

高値で取引されている。

ミックス犬は純血種よりも価格が安く、両親の

いい遺伝子を引き継ぎやすいので体が丈夫だという。

ブームの裏には「変わった犬が欲しい」

「世界に一匹の犬が欲しい」など飼い主の意向がある。

2008.2.14.北海道新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界に一匹の・・・というけれど、自分が大切に

飼っている犬は、他の何にも変えられない

世界に一匹の犬ではないでしょうか。

要求は色々ある世の中ではありますが

血統や見かけにこだわる前に

終生大切に飼うことの方が、ずっと大切だと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

カラー王子♪

前々から状態が悪かった、右目の手術をしたレン君。

毎日何度もの目薬と、窮屈なカラーにもめげず

相変わらず元気いっぱい。

Ren2

最近は吠え防止のため、吠えるとブルブル振動する機械?

を付けたため、めっきり静かになりました。

Ren3

まだまだ右目が治るまで、時間はかかるけど

前向きに行こうね!君なら頑張れるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

テレビを見て思うこと

今日の夜、TBS系列で放送されている「どうぶつ奇想天外」という

番組を見ました。

この番組ではペットだけではなく、野生の動物全般を広く扱っていて

主にクイズ形式で進めている内容です。

今回は番組の後半で、動物病院での治療と動物の命と向き合う

獣医師さんや飼い主さんの様子を放送していました。

それぞれ様々な事情を抱えていて、FIPにより余命数ヶ月と

宣告された猫や、悪性リンパ腫のため治療の選択を迫られる

飼い主さんなど、見ていてこちらまで辛くなる内容でした。

自然のままに任せて最後を迎えた方がいいのか

それとも、できるだけの治療を施した上で最後を迎えることが

良いのか、悩むところです。

それが自分だったら・・・すぐには決断できません。

一分一秒でも長い時間、一緒にいたい・・・誰もが思うことでしょう。

生き物を飼っていれば、必ず訪れる別れの日。

人間よりもずっと短い命だから、毎日が貴重で濃くて大事で・・・

きっと一生懸命生きているんだろうな。。。

だからこそ日々のことを後悔することなく、今を向き合いながら

生きている。

私達が動物から教わることは、たくさんあるはずです。

それを学び取ることができたらいいなと、いつも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

身勝手な飼い主

「この犬お願いします」関東地方のある市の保健所。

60代の男性が生後1週間の雑種犬3匹を持ち込んできた。

「子犬達は処分されるんですよ。それでもいいんですか?」。

考え直してほしい・・・そう願いを込めて説得する職員。

しかし男性は「私の勝手でしょう」と冷たく言い放った。

実は男性は数年前から毎年のように、飼っている犬や猫を

ここへ殺処分に持ち込んでいた。

数が増えすぎて手に余ると施設に頼る、という繰り返しだった。

なかなか引き取ろうとしない職員に、男性は顔を真っ赤にして

詰め寄った。「何で受け取ってくれないんだ!」。

職員も拳を握りしめ、負けじと言い返す。

「去年も持ってきたじゃないですか。避妊手術をしてくださいと

あれほどお願いしたじゃないですか!」

しかし男性は平然とうそぶいた。「自然のままに育てるのが私の主義

なんだ。傷つけるなんて、かわいそうじゃないか」

男性がどんなに理不尽であっても、保健所は結局受け取らざるを

えなかった。「動物の愛護及び管理に関する法律」第35条で

地方公共団体は所有者の求めがあれば犬、猫を引き取らねばならない

と義務づけられているからだ。別の職員は「本当は『連れて帰れ!』と

言いたいですよ。でも、今の法律じゃできないんです」と唇をかんだ。

飼い犬・飼い猫を繰り返し保健所や動物愛護施設へ捨てに来る

リピーターがいる。犬・猫の殺処分は年々減少傾向にあるにも関わらず

ペットの命をないがしろにする身勝手な飼い主は目立ってきている。

動物行政を管轄している自治体では、引取りを有料にしたり

氏名・住所・捨てる理由を記録するなど、リピーターを防ぐ

対策をとっている。福岡県西部動物管理センターによると

他の飼い主への譲渡を勧めるなど殺処分しない方法を

探っているが「どうしてもと言われたら断ることはできない」

のが現状だ。

茨城県の動物指導センターに18年4月~19年8月の間に

飼い犬・猫を複数回引き取り依頼した飼い主は82人。

「避妊費用がもったいない」「病気や老衰で介護できない」

「飽きた」「鳴き声がうるさいと近所に怒られた」など

身勝手な理由を並べる人が少なくない。センターでは

昨年10月、これらの飼い主に「(施設の殺処分は)

所有者のあなたがすることと同じです」と反省を求めている

手紙を送付したのだが・・・・。

全国の保健所や動物愛護センターなどで殺処分される犬・猫は

年間約35万3000匹(平成18年度)。

過去10年間でほぼ半減している。地球生物会議などがまとめた

「全国動物行政アンケート結果報告書 平成18年度版」によると

犬の殺処分が多い都道府県は1.茨城県7239匹

2.沖縄県6399匹 3.千葉県6251匹。

猫は1.愛知県1万2619匹 2.福岡県1万2567匹

3.大阪府1万1518匹  となっている。

2008.2.6 産経新聞 著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて身勝手な人がいるのでしょうか。

飽きたから、病気・介護ができない・・・こんなことで捨てるのなら

最初から飼うな!!と声を大にして言いたいです。

動物はおもちゃでも、道具でも、アクセサリーでもありません。

私達と同じく血が流れ、命のあるものです。

「飼うなら捨てるな。捨てるなら飼うな」。

あまりにも軽く考える人が多すぎます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

猫の砂

ホームセンターのペットコーナーの一角に、必ずといっていいほど

「猫砂」コーナーがあります。

思っている以上に多種多様な猫砂があって、いったいどれを買っていいのか

迷ってしまいます。

そこで今回は、尿の状態をチエックできる砂を買ってみました。

Suna

砂と一緒に、尿のPHをチエックできる黄色い粒が混ざっていて

黄色から青に変わったら、尿の状態が良くないことを示すものです。

だけど・・・お猫様は砂にもうるさくて、気に入ったものじゃないと

使ってくれません。

既存の砂と混ぜてみることにしましたが、はたして。。。

粒子が非常に細かいので、少々ホコリが気になるところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

ペットのガン診断

農林水産省は二日までに、人間ではガンの早期発見の

手段になっている陽電子放射断層撮影装置(PET)による

ガン診断を、犬と猫にも実施可能にする方針を決めた。

五月までに、必要な放射性の医薬品が使えるよう

獣医療法の施行規則を改正する。

PETを使ったガン検診を受けるには、少なくとも十万円近く

かかるとみられるが、ペットが身近になるにつれて人間同様の

高度医療の適用を求める声が高まっているのを受けた処置。

ワクチンなどの普及で感染症が減り、ペットが長生きになって

ガンが増えていることも背景にある。

これまで犬、猫のPETによる検査は、放射性物質を使う

法的な根拠がないため獣医療界が自制していたが

文部科学省の放射線審議委員会が先月、動物の種類や

入院期間などに条件を付けて認める答申をした。

答申は、放射性物質のフッ素18をガンの標識薬とする

PETの診断を犬、猫で容認。

周囲の人間の被ばくを考慮し、標識薬の投与後、二十四時間は

退院させないとした。

欧米では競走馬の疲労骨折の発見に使われている

放射性のテクネチウム99mを標識薬とするシンチグラフィー

検査も馬と犬、猫で認める。

農水省の二〇〇六年の調査では、獣医師系の十六大学

のうち十大学が、法が整備されればPET導入を検討すると

回答している。今夏の稼動を目指している北里大動物病院

(青森県十和田市)が、最初の導入施設となる見通し。

2008.2.2 北海道新聞 著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついにここまで来たか!という感じです。

犬や猫も人間と同じ家族の一員であり、命があるものです。

ただ、どうしても動物は自由診療のため費用が莫大で

簡単に保険が利かないのが悩みの一つ。

動物の任意保険もありますが、必ずしも適用されるとは

限りません。

私個人としては、動物医療費をもう少し下げてくれたら・・・と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »