« レン君の目 | トップページ | 猫の砂 »

2008年2月 2日 (土)

ペットのガン診断

農林水産省は二日までに、人間ではガンの早期発見の

手段になっている陽電子放射断層撮影装置(PET)による

ガン診断を、犬と猫にも実施可能にする方針を決めた。

五月までに、必要な放射性の医薬品が使えるよう

獣医療法の施行規則を改正する。

PETを使ったガン検診を受けるには、少なくとも十万円近く

かかるとみられるが、ペットが身近になるにつれて人間同様の

高度医療の適用を求める声が高まっているのを受けた処置。

ワクチンなどの普及で感染症が減り、ペットが長生きになって

ガンが増えていることも背景にある。

これまで犬、猫のPETによる検査は、放射性物質を使う

法的な根拠がないため獣医療界が自制していたが

文部科学省の放射線審議委員会が先月、動物の種類や

入院期間などに条件を付けて認める答申をした。

答申は、放射性物質のフッ素18をガンの標識薬とする

PETの診断を犬、猫で容認。

周囲の人間の被ばくを考慮し、標識薬の投与後、二十四時間は

退院させないとした。

欧米では競走馬の疲労骨折の発見に使われている

放射性のテクネチウム99mを標識薬とするシンチグラフィー

検査も馬と犬、猫で認める。

農水省の二〇〇六年の調査では、獣医師系の十六大学

のうち十大学が、法が整備されればPET導入を検討すると

回答している。今夏の稼動を目指している北里大動物病院

(青森県十和田市)が、最初の導入施設となる見通し。

2008.2.2 北海道新聞 著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついにここまで来たか!という感じです。

犬や猫も人間と同じ家族の一員であり、命があるものです。

ただ、どうしても動物は自由診療のため費用が莫大で

簡単に保険が利かないのが悩みの一つ。

動物の任意保険もありますが、必ずしも適用されるとは

限りません。

私個人としては、動物医療費をもう少し下げてくれたら・・・と思います。

|

« レン君の目 | トップページ | 猫の砂 »

動物の病気と高齢」カテゴリの記事

コメント

すごいですね~いよいよPET診断まで導入されるのですか。
人間並みですね!
高度医療になればなるほど人間でも医療費がかさみます、
保険のきかないペットの医療費は切実です。
今MRI検査でも6万円位かかると言われていますが
PET診断は10万円ですかっ!
ひょえーーーーって感じですね。。。
うちの子は以前眼科ドックを受診したときに約5万円かかりました。。
それを考えると、PET診断ともなると10万円、なるほど、それくらいはするかもしれませんね。

私は動物保険に加入していますが、適用外の疾病や検査項目などがありますし、
なかなか人間並みとまではいかないようです。
とりあえずの、安心料くらいの気持ちで加入したのですが、果たして加入した方がよいのか、どうかいまだに良くわかりません。。

投稿: はなのママ | 2008年2月 3日 (日) 13時44分

はなのママさんへ☆
いよいよPET導入ですよ~!
これで命が救われるのなら、多少高額でも仕方がないかな・・・
とは思いますが、やはり高い!
眼科ドッグで6万円ですか・・・あぁ~、費用がかかりますねぇ。。
動物もいつ体調を崩すかわからないし、病気になってしまうか
わからないので、動物貯金をした方がいいのかな~と考えています。

はなのママさんは動物保険に加入されているのですか。
いざというときには頼りになりそうだけど
範囲がどれくらいなのか、検討がつかないことが多そうですよね。。。

投稿: マリー・ミミー | 2008年2月 3日 (日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/10219245

この記事へのトラックバック一覧です: ペットのガン診断:

» 医療 資格、という名のサイトをオープンします。資格に関する情報、体験談、クチコミを紹介する資格ファン必見のサイトです。 [医療 資格,ペットのガン診断]
医療 資格、という名のサイトをオープンします。資格に関する情報、体験談、クチコミを紹介する資格ファン必見のサイトです。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 16時51分

« レン君の目 | トップページ | 猫の砂 »