« カラー王子♪ | トップページ | 中国産ペットフード »

2008年2月14日 (木)

猫と保健所と犬のこと

宮崎県警宮崎北署は14日、宮崎市の山中に

猫を遺棄したとして動物愛護法違反の疑いで

宮崎市保健所の衛生課長や係長4人を書類送検した。

調べでは、課長らは昨年9月、市内に捨てられてた

子猫5匹を住民に頼まれて引き取り、同市大瀬町の

山中に遺棄した疑い。

同市保健所によると、動物合愛護法では自力で生きられない

ような子猫意外は引き取れないのが原則だが、今回

書類送検された件については「捜査中なのでお答えできない」

としている。

捨てられた子猫4匹は数日後、宮崎北署員らが見つけて

保護されたという。

2008.2.14.MSN産経ニュース 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったい何でこのようなことが起こるのでしょう。

宮崎県の保健所の職員といえば

昨年テレビの「ぽちたま」で、保護された犬を自ら飼い主となり

幸せに暮らしている・・・ということを放送されたばかりなのに。

方やこんなニュースも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は小型犬の純血種同士を掛け合わせた

「ミックス犬」が人気を集めている。

飼い主の需要が多様化したことの表れとされ

高値で取引されている。

ミックス犬は純血種よりも価格が安く、両親の

いい遺伝子を引き継ぎやすいので体が丈夫だという。

ブームの裏には「変わった犬が欲しい」

「世界に一匹の犬が欲しい」など飼い主の意向がある。

2008.2.14.北海道新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界に一匹の・・・というけれど、自分が大切に

飼っている犬は、他の何にも変えられない

世界に一匹の犬ではないでしょうか。

要求は色々ある世の中ではありますが

血統や見かけにこだわる前に

終生大切に飼うことの方が、ずっと大切だと思うのですが。

|

« カラー王子♪ | トップページ | 中国産ペットフード »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/10511131

この記事へのトラックバック一覧です: 猫と保健所と犬のこと:

« カラー王子♪ | トップページ | 中国産ペットフード »