« 猫の砂 | トップページ | テレビを見て思うこと »

2008年2月 7日 (木)

身勝手な飼い主

「この犬お願いします」関東地方のある市の保健所。

60代の男性が生後1週間の雑種犬3匹を持ち込んできた。

「子犬達は処分されるんですよ。それでもいいんですか?」。

考え直してほしい・・・そう願いを込めて説得する職員。

しかし男性は「私の勝手でしょう」と冷たく言い放った。

実は男性は数年前から毎年のように、飼っている犬や猫を

ここへ殺処分に持ち込んでいた。

数が増えすぎて手に余ると施設に頼る、という繰り返しだった。

なかなか引き取ろうとしない職員に、男性は顔を真っ赤にして

詰め寄った。「何で受け取ってくれないんだ!」。

職員も拳を握りしめ、負けじと言い返す。

「去年も持ってきたじゃないですか。避妊手術をしてくださいと

あれほどお願いしたじゃないですか!」

しかし男性は平然とうそぶいた。「自然のままに育てるのが私の主義

なんだ。傷つけるなんて、かわいそうじゃないか」

男性がどんなに理不尽であっても、保健所は結局受け取らざるを

えなかった。「動物の愛護及び管理に関する法律」第35条で

地方公共団体は所有者の求めがあれば犬、猫を引き取らねばならない

と義務づけられているからだ。別の職員は「本当は『連れて帰れ!』と

言いたいですよ。でも、今の法律じゃできないんです」と唇をかんだ。

飼い犬・飼い猫を繰り返し保健所や動物愛護施設へ捨てに来る

リピーターがいる。犬・猫の殺処分は年々減少傾向にあるにも関わらず

ペットの命をないがしろにする身勝手な飼い主は目立ってきている。

動物行政を管轄している自治体では、引取りを有料にしたり

氏名・住所・捨てる理由を記録するなど、リピーターを防ぐ

対策をとっている。福岡県西部動物管理センターによると

他の飼い主への譲渡を勧めるなど殺処分しない方法を

探っているが「どうしてもと言われたら断ることはできない」

のが現状だ。

茨城県の動物指導センターに18年4月~19年8月の間に

飼い犬・猫を複数回引き取り依頼した飼い主は82人。

「避妊費用がもったいない」「病気や老衰で介護できない」

「飽きた」「鳴き声がうるさいと近所に怒られた」など

身勝手な理由を並べる人が少なくない。センターでは

昨年10月、これらの飼い主に「(施設の殺処分は)

所有者のあなたがすることと同じです」と反省を求めている

手紙を送付したのだが・・・・。

全国の保健所や動物愛護センターなどで殺処分される犬・猫は

年間約35万3000匹(平成18年度)。

過去10年間でほぼ半減している。地球生物会議などがまとめた

「全国動物行政アンケート結果報告書 平成18年度版」によると

犬の殺処分が多い都道府県は1.茨城県7239匹

2.沖縄県6399匹 3.千葉県6251匹。

猫は1.愛知県1万2619匹 2.福岡県1万2567匹

3.大阪府1万1518匹  となっている。

2008.2.6 産経新聞 著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて身勝手な人がいるのでしょうか。

飽きたから、病気・介護ができない・・・こんなことで捨てるのなら

最初から飼うな!!と声を大にして言いたいです。

動物はおもちゃでも、道具でも、アクセサリーでもありません。

私達と同じく血が流れ、命のあるものです。

「飼うなら捨てるな。捨てるなら飼うな」。

あまりにも軽く考える人が多すぎます。

|

« 猫の砂 | トップページ | テレビを見て思うこと »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

読んでいて怒りがこみ上げてきました。
命をいったい何だと思っているのでしょうね。
身勝手な人間のおろかな行動がなくなってくれる日が
来て欲しいです。
すべての命には生きる権利があります。
もしも、これが人間だったらどうなるのでしょうね?
いらないから殺処分?ですかね?
病気だったら、殺処分?ですか?
同じ命なんですよ、人間も動物たちも。。
行政の方々だって、いい加減うんざりなさっていることでしょうね、
毎日毎日身勝手な人間の相手をするのですから。
私は何もできませんが、それでも一匹でも多くの動物たちが
幸せに生活してくれる世の中であることを
願ってやみません。

投稿: はなのママ | 2008年2月 8日 (金) 18時03分

はなのママさんへ☆
私も同じく、この記事を見つけたときは怒で震えました。
動物だって生きる権利があるのに、それを全く無視して
身勝手な行動を取る人間が許せません。
痛みをわからない無神経な性格なんだと思います。

そうですね・・・行政の方も、こんなことに振り回されると
うんざりだと思います。
私も特別何かができるという訳ではないですが
ここで公開することによって、少しでも多くの人の目に留まり
動物の命と生きる意味について、考えてくれたら・・・と思っています。
文字を入力していて、辛い気持ちになったりしますが。

投稿: マリー・ミミー | 2008年2月 8日 (金) 21時11分

む・・むかつく~!
怒りのあまりトリハダたったわ!
繰り返し持ってくるなんて人は、いまの飼い犬もろとも取り上げてしまえ~!
登録して二度と動物が飼えないようにしてしまえ!と言いたいのですが・・・
それではなんの解決にもならない・・
釧路にもいます
同じ理由で避妊手術を拒む飼主さん
それならそれでかまいません
でも、それならば生んだ子犬を育てさせるのが
自然の姿だろうが!と、言いたいんだけどね・・
自分に都合のいいときばかり「自然のまま・・」なんて言わないでほしい!

投稿: locka | 2008年2月13日 (水) 18時15分

lockaさんへ☆
私も怒りで震えました。こんなこと絶対あってはならないことです。
「自然のままに・・・」と言いますが、それは単なる
言い訳にすぎず、勝手な考えだと思っています。
もっと動物の「命」について考えてほしい。
「生きる権利」に理解をしてほしい。
四足だから口を利けないからといって、軽く考えて欲しくないですね。

投稿: マリー・ミミー | 2008年2月14日 (木) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/10320873

この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手な飼い主:

« 猫の砂 | トップページ | テレビを見て思うこと »