« 愛するペットが困らぬように・・・ | トップページ | 猫の飼い主は心臓発作リスクが低い »

2008年3月 4日 (火)

アメショーMIXの里親募集中!!

アメショーMIXの里親さんを募集中ですcat

Neko   

ご依頼人さんからの内容

「マンション住まいですが猫を飼っています。

勿論ペット可のマンションです。

捨て猫や野良猫を拾ってきた結果、沢山の

猫がおります。

手術をして外へは出しておりませんので、そこから

増えることはありませんが、自分の年齢を考えると

これ以上飼ってあげることはできません。

外ではオスの飼い猫・捨て猫・野良猫の間で当然ながら

増え、それが近所に住みついてしまいました。

駄目とは知りつつ、つい見かねて世話をしている毎日です。

出来る事といえば、せめて目の届く範囲のフンの始末や

掃除等と限られており、多分どこかで迷惑をかけている

事と思います。

今回、これ以上かわいそうな子が増えないように

外猫の避妊をしていきたいと考えています。

今、子猫のうち1匹は貰っていただける方がいましたが

このコの飼い主さんを探しています。

メスで、現在約8ケ月です。」

その後通院ののち、体調が思わしくないことがわかりました。

猫カゼ(※1)が治りきらず、白血病(※2)ということが

わかりましたが現在の発症はなく元気です。

ケージ暮らしで1日に数回、部屋の中で自由に遊ばせて

もらっていますが、保護宅のお母さんと娘さんは

ぜんそくのため、マスクを手放せない状態です。

募集の条件として「釧路市内限定」「面会のうえ手渡し」

ですが、その他多頭飼育のお宅の場合は先住猫に

ワクチンの接種をしていただくこと、注意事項がありますので

詳しく知りたい方はご連絡ください。

Neko3_3 

※1猫カゼ

ウイルスによって感染し、カリリシウイルスとヘルペスウイルスの

2種類がありますが、実際の治療法は同一です。

特に外にいる猫に多く、人のインフルエンザに似た

症状を示す呼吸器系を主としておかす病気です。

症状はクシャミ、流涙、鼻汁、高熱など重くなると

脱水、虚脱などが起こります。

保温し栄養のある食べ物を与え、抗生物質の投与

ビタミン剤の投与。他の猫と隔離すること。

後遺症として副鼻腔炎が残ることがある。

3種混合ワクチンにて予防可能です。

※2猫白血病(FeLV)

オンコウイルス(レトロウイルスの一種)が原因。

名前の通り白血病を起こしますが、多くは発病せず

免疫力の低下により様々な臓器に障害を起こします。

主な感染経路は、感染猫の唾液、涙、鼻汁、便、尿

血液に含まれるウイルスにより、ケンカによる噛み傷や

食器の共有、母子感染が多いです。

感染した猫の3分の1は持続感染となり、多くは発病

しますが、その他は何も症状が出ないか突然ウイルスが

消えてしまう猫もいます。

症状は、食欲不振、体重減少、貧血、下痢、発熱

口内炎など。特に貧血は要注意です。

ウイルスそのものを治す治療はありませんが、

生後1年以上の猫なら感染初期(感染後2カ月位)に

適切な治療を行ってウイルスを抑え免疫を助けてあげれば

80~90%の確率で自然治癒することもあります。

キャリアでも症状が落ち着いていれば出ている症状を

改善することにより、延命も可能です。

同居猫がいる場合は、必ずワクチンを接種してください。

FeLVのみのワクチン→リュウコゲン

混合ワクチン→フィーライン4、フェロバックス5

フィーライン7

|

« 愛するペットが困らぬように・・・ | トップページ | 猫の飼い主は心臓発作リスクが低い »

里親募集中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/10950796

この記事へのトラックバック一覧です: アメショーMIXの里親募集中!!:

« 愛するペットが困らぬように・・・ | トップページ | 猫の飼い主は心臓発作リスクが低い »