« アメショーMIXの里親募集中!! | トップページ | 猫のネイルケアしていますか? »

2008年3月 8日 (土)

猫の飼い主は心臓発作リスクが低い

家で猫を飼っている人は、心臓発作のリスクが

約30%低下することが示され、ニューオーリンズ

で開催された米国脳卒中協会(ASA)国際脳卒中会議

2008で報告された。

報告を行った米ミネソタ大学脳卒中研究所(ミネアポリス)

の博士によると、心理学的なストレスや不安と心血管イベント

特に心臓発作との間に関連があることは何年も前から

知られているという。また、ペットから得られる愛情と

喜びがストレスの解消になることも知られており、2005年に

米国心臓協会(AHA)年次集会で発表された研究では

心不全の患者が1回、12分間犬とともに過ごすだけで

心臓及び肺の機能に改善がみられることも示されている。

今回の研究は、1976~1980年に実施された第2回

米国民健康栄養調査(NHNES)に参加した30~75歳の

米国人4,435人を対象とした調査データを分析したもの。

調査参加者のうち2,435人は猫を飼っているか、過去に

飼ったことがあり、残りの2,000人は猫を飼った経験が

なかった。心疾患及び脳卒中をはじめとするあらゆる原因に

よる死亡率を10年間追跡した結果、猫を飼ったことのある

人は心臓発作による死亡率が低いことが判明した。

2008.2.28.世界最新医療ニュース 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり動物による「癒し効果」でしょうか。

動物は人を裏切らないし、無償の愛を与えてくれる生き物です。

言葉を発せなくても、表情一つ一つがとても深い意味と

感情を表してくれます。

だからこそ、ペットも大切な家族の一員。

簡単に捨てたり、飼うことを安易に考えてはいけないのです。

|

« アメショーMIXの里親募集中!! | トップページ | 猫のネイルケアしていますか? »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/11096083

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の飼い主は心臓発作リスクが低い:

« アメショーMIXの里親募集中!! | トップページ | 猫のネイルケアしていますか? »