« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

猫のFIPって・・・

猫の難病の一つにFIPという病気があります。

これは猫コロナウイルスが突然変異を起こすもので

猫伝染性腹膜炎のことです。

健康な猫がかかっても、たいていは自分の免疫力で

ウイルスをやっつけてしまいます。

猫コロナウイルスそものは、特別に恐れることのない

弱毒性のウイルスなのに、FIPに変わると突然恐ろしい

ウイルスに変化していまいます。

感染した猫との接触や、糞尿から感染し

体内でできる抗体が猫の体をおかすもので

猫の病気の中でもやっかいな病気の一つで

100%の治療法が確立されておらず、有効な予防法も

今のところありません。

潜伏期間は平均14日との説がりますが、正確には不明で

経過が長引いて3週間から2カ月に渡り、元気がなくなって

次第に弱ってくる症状です。

この病気にはウエットタイプとドライタイプの2種類があります。

ウエットタイプ・・・痩せてくる、脱水症状、下痢や嘔吐

腹水がたまる、肝臓障害が出ると黄疸が出る、呼吸困難など。

ドライタイプ・・・肝臓・腎臓・腹膜・目・中枢神経が複合して

おかされる。そのため、目に異常が現れたり、てんかんやけいれんを

起こすことがある。

治療としては対処療法しかなく、ステロイドや抗生物質の投与

による苦痛の緩和が主体で、自己免疫性疾患の一つであるため

免疫抑制剤によりコントロールをするものがほとんどです。

この恐ろしい病気と闘ったはなちゃんが

26日に、虹の橋を渡りました。

温かいご家族に見守られて、旅立ったそうです。

短い間だったけど、一つ一つの瞬間を大切にして

過ぎる時をムダにせず、濃いものにした猫生だったのでは

ないでしょうか。

はなちゃん、今まで頑張ったね。お疲れ様です。

はなちゃんとご家族の皆様に、心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

国際盲導犬の日

4月の最終水曜日(今年は30日)は「国際盲導犬の日」

です。世界の盲導犬訓練施設が参加する

国際盲導犬連盟が制定した記念日で、世界各国で

盲導犬の普及と理解を深めるためのイベントが

行われています。

日本で一番早く盲導犬の育成を始めたのは

アイメイト協会で、57年に国際第1号の盲導犬

「チャンピイ」を誕生させました。今日までに

およそ千頭の盲導犬を誕生させ、全国各地に送っています。

他にも「聴導犬」や「介助犬」など、身体障害者を助ける

犬が存在します。盲導犬に比べて育成の歴史が浅く

頭数もまだまだ多くありません。盲導犬とこれらを総称して

「身体障害者補助犬」と言います。

02年には「身体障害者補助犬法」が施行され

障がい者自立と社会参加を促進することが目的の法律で

不特定多数の人が集まるような施設や、交通機関に補助犬を

同伴できるようになりました。

2008.4.26.朝日新聞土曜版「be」 著作権第32条より

「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような補助犬になるためには、大変な苦労と努力の必要が

あると思います。

犬は人間のために、自らの命を縮めて活動しているのですから

感謝をしても足りないくらいです。

このような活動をされている団体やボランティアなど

もっと広く、世の中に認知されれば良いな・・と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

猫と水の関係

猫にとって水はとても大切なものです。

体の中で一番多い成分が水で、栄養素を分解したり

細胞に栄養素を送るのも水です。

猫は腎臓で水分を濃縮する力が強いため

水の摂取量が少ないと、泌尿器系の病気を

起こしやすくなってしまいます。

人間にとってはミネラルウオーターが体に良いとされていますが

猫にとっては、そうではありません。

ミネラルが多すぎると尿の中に結晶を作りやすくなり

血尿が出たり、尿道閉塞の原因になります。

特に硬度の高い水はミネラル分を多く含んでいるので

注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

飼い主放棄?川崎市で犬9匹保護

川崎臨港署の管内で5日、皮膚病などで

ほとんど毛が抜け落ちるなど、劣悪な環境で

飼われていたとみられる大型犬のボルゾイ1匹と

小型犬8匹が同署に保護された。

ボルゾイは同日午前11時40分頃、川崎区浅野町の

緑地にいるとの通報があり、3時半過ぎ同署員が

緑地内で保護した。

小型犬はトイプードル、ダックスフント、チワワなどで

午前7時半頃と昼過ぎに、それぞれ市民からの

通報があり、川崎区の田島町ふれあい公園と

桜川公園の二ケ所で計6個のケージに入れられて

見つかった。いずれの犬もダニなどによる皮膚病で

ほとんど毛がないような状態だった。

9匹は同日夜、市内の動物病院に運ばれ

市獣医師会の会員らが治療している。

小型犬が捨てられていた桜川公園に駆けつけた

動物愛護団体「犬猫救済の輪」の代表は

「ケージは新品で全く同じものだった。個人のブリーダーか

繁殖業者が意図的にしたのではないか」と話している。

2008.4.5.神奈川新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブリーダー崩壊とか、ペットショップの崩壊を

ときどき耳にしますが、公園という公的な場所に放置するとは

どういった神経なのでしょう。

都合のいいように動物を利用しているとしか思えません。

しかも病気を患っている状態だったということは

そのまま値段を付けて、販売していたのでしょうか。

ありえない・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

月のしずく星のかけら

日々感じることの一つに、やたらと良いことが続いたり

反対に、リズムに乗れなくて嫌なことがあったりと

ツキの良い日と悪い日があるということです。

このツキのリズムを教えてくれるのが文字通り

「月」です。

新月→半月→満月というように変化していく月は

人間の一生のリズムを表したり、天地創造の

リズムも表しているといいます。

月の引力が海の潮の干満と関係があるように。

Tuki

ある日本人の科学者の書いた話ですが

「地上の生命は、数十億年前に遠い宇宙で起きた

超新星爆発でできた元素がもとになっている。

超新星は星の最期の姿。星のかけらが地球を作り

生命を作るのです。

猫の命も人の命も、もとをたどれば星のかけら。

そんな星のかけらが集まって、猫と出逢った」

とありました。

夜空を照らす、月と星。

私たちと密接な関係がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

善意の輪・・・針金猫を救う

衰弱した猫発見→獣医師が無料手術→元丹波署員へ

兵庫県丹波市山南町で、胴体に針金を巻かれ

衰弱した猫が、善意のリレーで動物病院へ搬送され

元気を取り戻した。

猫は現在、元丹波署員の家族宅に「居候」し

かわいがられている。

大人の雌猫で年齢は不明。2月14日同市山南町

谷川の「首切り地蔵尊」に参拝に来た、明石市の

50歳代の女性が、胴体に針金を巻かれた猫を発見。

丹波署小川在所の巡査部長に託した。

発見当時、胴体には太さ0.5ミリの針金が2重に巻かれ

体重は通常の半分ほどの1.5キロしかなかった。

同署が丹波市内の動物病院に治療を依頼すると共に

動物虐待で目撃情報などを調べたが、有力情報は

なかった。

針金は半年ほど巻かれていたと見られ、筋肉まで

食い込み、縫合手術と約2週間の入院治療が

必要だったが、獣医師が無料で行った。

退院後、丹波署内でめんどうを見ていたが

動物虐待の捜査を打ち切った後、拾得物扱いに。

現在は同署の元職員の家族が、自宅で面倒を見ている。

家族の男性は「最初は怯えて人に近よらなかったが

かわいくてしょうがない」と話している。

2008.4.9読売新聞 著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し前の針金犬といい、今回の針金猫といい

単なる「いたずら」では済まされない事です。

どちらの動物も、今は幸せに暮らしているそうですが

発見されるまで、どんなに辛かったことか。。。

遊び半分でこんなことをするのは許されません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

スーパーでの出来事

とあるスーパーで毎月初めの3日間、ペットフードを2割引で

売っている所があります。

私はフードを買うつもりはないけれど、物色していたら

偶然居合わせた初老の男性がいました。

その方は、缶詰やレトルトパウチのキャットフードの

成分をじっくり見てから、スーパーのカゴに次々と

入れていきます。

初めは空っぽだったカゴが、あっという間にいっぱいになり

かなりの多頭飼いだと思った私は、声を掛けてみました。

私「猫を飼っていらっしゃるんですか?」

男性「うん。1匹ね。もうトシだから柔らかいものしか食べないんだ」

私「あ・・・1匹で、こんなに沢山食べるんですか?」

男性「毎月1回、まとめ て1月分買うからね。

うちの猫は1日に朝、昼、晩と3回食べるんだ。

うちの猫は1日に朝、昼、晩と3回食べるんだよ。

だけど同じ物が続いたら飽きて食べないから、毎回

違うものをやって、なおかつ前の日と次の日には

同じ物をやらないようにしてるんだ。

メーカーによっても嫌いなものがあるから確かめて

買うようにしている」

この方に飼われている猫は、きっと幸せなんだろうな・・・

と思いながら、その場を後にしました。

そして、長生きしますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

おめでとう花梨君!!

天使が連れてきた猫、花梨君が

4月1日、新しい家族の元へと巣立っていきました。

花梨君はお家がない猫でしたが、ご縁があって

暖かいご家庭に迎えられることとなり

新しい猫生をスタートします。

みんな、みんな、幸せになってほしい。

大切な家族の一員として、暖かく生活できたら。。。

病気があっても、体が不自由でも

この世に生を受けたからには、幸せになる権利がある。

だからこれ以上、不幸な動物たちが増えませんように。

そう、星に願いを月に祈りを。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »