« 猫と水の関係 | トップページ | 猫のFIPって・・・ »

2008年4月26日 (土)

国際盲導犬の日

4月の最終水曜日(今年は30日)は「国際盲導犬の日」

です。世界の盲導犬訓練施設が参加する

国際盲導犬連盟が制定した記念日で、世界各国で

盲導犬の普及と理解を深めるためのイベントが

行われています。

日本で一番早く盲導犬の育成を始めたのは

アイメイト協会で、57年に国際第1号の盲導犬

「チャンピイ」を誕生させました。今日までに

およそ千頭の盲導犬を誕生させ、全国各地に送っています。

他にも「聴導犬」や「介助犬」など、身体障害者を助ける

犬が存在します。盲導犬に比べて育成の歴史が浅く

頭数もまだまだ多くありません。盲導犬とこれらを総称して

「身体障害者補助犬」と言います。

02年には「身体障害者補助犬法」が施行され

障がい者自立と社会参加を促進することが目的の法律で

不特定多数の人が集まるような施設や、交通機関に補助犬を

同伴できるようになりました。

2008.4.26.朝日新聞土曜版「be」 著作権第32条より

「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような補助犬になるためには、大変な苦労と努力の必要が

あると思います。

犬は人間のために、自らの命を縮めて活動しているのですから

感謝をしても足りないくらいです。

このような活動をされている団体やボランティアなど

もっと広く、世の中に認知されれば良いな・・と考えています。

|

« 猫と水の関係 | トップページ | 猫のFIPって・・・ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/20593314

この記事へのトラックバック一覧です: 国際盲導犬の日:

« 猫と水の関係 | トップページ | 猫のFIPって・・・ »