« 飼い主放棄?川崎市で犬9匹保護 | トップページ | 国際盲導犬の日 »

2008年4月22日 (火)

猫と水の関係

猫にとって水はとても大切なものです。

体の中で一番多い成分が水で、栄養素を分解したり

細胞に栄養素を送るのも水です。

猫は腎臓で水分を濃縮する力が強いため

水の摂取量が少ないと、泌尿器系の病気を

起こしやすくなってしまいます。

人間にとってはミネラルウオーターが体に良いとされていますが

猫にとっては、そうではありません。

ミネラルが多すぎると尿の中に結晶を作りやすくなり

血尿が出たり、尿道閉塞の原因になります。

特に硬度の高い水はミネラル分を多く含んでいるので

注意が必要です。

|

« 飼い主放棄?川崎市で犬9匹保護 | トップページ | 国際盲導犬の日 »

動物の病気と高齢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/20483738

この記事へのトラックバック一覧です: 猫と水の関係:

« 飼い主放棄?川崎市で犬9匹保護 | トップページ | 国際盲導犬の日 »