« このブログのこと・・・ | トップページ | 緊急!釧路市にて猫を保護しました »

2008年5月18日 (日)

犬猫の殺処分半減・・

愛媛県内で回収され、引き取り手が見つからずに

殺処分された犬猫が、平成19年度は7,281匹となり

前年度と比べ約15%減少した。

県動物愛護センターが14年に設立されて以降では

最小の処分数で、同センターは「愛護運動や犬猫の

飼育相談を続けてきた効果が出た」と分析している。

同センターによると、昨年度に殺処分された犬は3,238匹

猫は4,043匹。年度統計がある15年度は8,425匹

(犬4,611匹 猫3,814匹)で、その後は横ばいが続き

昨年度は8,527匹(犬3,879匹 猫4,648匹)だった。

県内の捨て犬・猫は格市町が収容後、同センターに移送。

飼い主や引き取り手が見つからなければ、殺処分される。

同センターでは、収容した犬や猫の譲渡会を毎月開き

昨年度は犬122匹、猫25匹を譲渡。

ペットのしつけ方教室や随時行っている飼育相談では

不妊や去勢についての、飼い主の義務や動物の

健康管理などを指導してきた。

一方で県内の市民団体の捨て犬や猫の減少に向けた

活動を展開。動物愛護の認定NPO法人

「えひめイヌ・ネコの会」は昨年、犬と猫の不妊・去勢手術に

対する助成金の支給を実施したほか、飼い主の飼育放棄を

なくすため、犬と猫の引き取りの有料化を目指す運動を行った。

殺処分数の削減を目指す県と松山市は今年10月から

飼い主からの犬と猫の引き取りについて、1匹につき

2,000円(生後90日までの子犬子猫は400円)

を徴収することを決定。会の代表は「色々な活動の

芽が出始めている。安易に犬や猫を捨てられない

環境を作ってきたい」と話している。

2008.5.8.MSN産経ニュースー愛媛ー

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

殺処分される犬や猫が減るということは

大変喜ばしいことですし、県主催の譲渡会を行うことは

意味のあることだと思います。

ただ飼い主からの犬や猫の持ち込み料は

もっと値上げしても良いのではないでしょうか。

「命」を見捨てることと同時に、処分するときの費用は

税金で賄っているのですから。

|

« このブログのこと・・・ | トップページ | 緊急!釧路市にて猫を保護しました »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

わたしも思いました。
引き取り料が2000円なんて・・・

保健所に収容されている犬や猫の中から
気に入った子を選んで家族として迎えるって
素晴らしい事だと思うんですが
たくさん居る中から1匹を選ぶ・・・って・・・
この子を選ばなかったら数日後に処分されるんだって子が
いっぱいいるんですよね。
その中から選ぶって本当・・・究極の選択というか。
でもこうやって救助していかなければ
1匹でも多く救おうと思ってくれる方がいるから
助かる子もいるわけで。
本当に胸が痛みます。
何出来ない自分が情けなくも思います。

保健所職員の処分をする担当の人は
どういう気持ちで毎回処分しているのか。
慣れっこになったりしているのか。
どんなに職に困ってもこの仕事だけは出来ないと考えた事があります。

投稿: くち | 2008年5月19日 (月) 22時42分

くjちさんへ☆
安すぎですよね、たったの2,000円なんて。
私は猫を家に迎えようと決めたとき、保健所から貰おうと考えていました。
幸か不幸か、運命を感じたコとは出会えず
新聞のペットあげますの記事によって、巡り合えました。
保健所から猫を引き取った方から聞いたことがあるんですよ
複数いる中から1匹だけ連れていくのは、後ろめたい気がして
辛い・・・と。
私も保護することもできず、何もできないので
もどかしい気持ちでいっぱいです。
釧路市の保健所にいる職員の中には、開き直っている方がいると
聞いたことがありますが。。。
このブログを見て、何かを感じ取ってくれる人が
一人でも多くいたら・・と思っています。

投稿: マリー・ミミー | 2008年5月19日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/21025671

この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫の殺処分半減・・:

« このブログのこと・・・ | トップページ | 緊急!釧路市にて猫を保護しました »