« 素敵なポスター! | トップページ | ペット診療費踏み倒し横行 »

2008年5月29日 (木)

三重県から、動物愛護会長宅に14匹の子猫放置

四日市動物愛護の会の、四日市市内の自宅の前に

14匹もの子猫がダンボールに入れられ、放置されていた。

会長は「せめて、この子達が産まれた経緯だけでも知りたい」

と、心当たりのある人に呼びかけている。

猫を発見したのは17日朝。

ご主人が午前6時20分ごろ自宅を出ると

洗濯ネットで覆ったダンボール箱が置いてあった。

中にはペット用シートが引かれ、14匹の猫が眠っていた。

アメリカンショートヘアもいればシャム猫系も。

体長から生後約1-2カ月とみられるが

「おそらく3匹ぐらいの親が生んだのではないか」と

会長は推測する。

下痢をしている子猫もいるが、他は比較的元気。

朝4時に腹をすかせて鳴き始め、注射器でキャットフードを

与えている。

猫の生後1年は人間の場合では高校生までに成長する

期間に相当し、病気にも掛かりやすいが、数が多いだけに

「とても面倒は見きれない」とため息をつく。

会は子猫の飼い主を捜す活動もしているが、捨てられた

経緯や誕生日を知りたがる人も多い。

「この子達が貰われていくためにも、どういう経緯で生まれて

きたのかだけでも知らせて欲しい」と、捨てた人に呼びかけている。

問い合わせは雨沢さん=phoneto059-346-8206へ

2008.5.28.中日新聞三重県版.著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

捨てるのには後ろめたい、でも育てられない・・・

複雑な思いがあった結果、このような行動に出たのではないでしょうか。

動物愛護に関する活動をしている会長の所在地がわかると

このように利用されてしまうケースがあります。

直接保健所へ持ち込んだりしなくても、命を見捨てる行為は

どんな形であろうと変わりがないように思えるのですが。

|

« 素敵なポスター! | トップページ | ペット診療費踏み倒し横行 »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/21273687

この記事へのトラックバック一覧です: 三重県から、動物愛護会長宅に14匹の子猫放置:

« 素敵なポスター! | トップページ | ペット診療費踏み倒し横行 »