« 岡山県から猫の里親募集中・続編 | トップページ | 愛犬もメタボの時代 »

2008年8月 6日 (水)

ペット夜間救急試行中・都獣医師会

都獣医師会は昨秋から「ペットは家族の一員」という

意識の高まりを受け、会員病院の輪番でペットの急患に

備えて夜間診療を試行している。

市獣医師会や有志の獣医師グループが対応する

ケースはあるが「都道府県レベルの広域体制は珍しい」という。

ただ、会員病院は都内に約700あるが、参加しているのは

約60病院と少ない。

さらに、会員病院の負担を考え、終夜営業としていない点や

認知度の低さなどから、これまでの利用は1晩あたり

都内で数件にとどまる。

都獣医師会では、毎晩午後7時から11時まで

都内各所の3~4の会員病院が診療に応じている。

飼い主が同会(TEL03-3405-0621)に

電話をかけると、最も近い病院を紹介されるしくみ。

名古屋市や川崎市の獣医師会などでは

病院を新設して夜間診療を行っている。

しかし、東京都のケースでは都内全域をカバーするには

複数の病院が必要となり「資金的に難しい」ことから

輪番製とした。

杉並区の獣医師会などは独自に輪番制で夜間診療に

取り組んできたが、都獣医師会の制度に統合した。

都獣医師会の夜間診療の実績はまだ多くないが

ニーズは高いとみられる。

周辺の約15病院が共同出資して2002年に設立した

「八王子夜間動物医療センター」の場合

毎晩平均5件の利用があり、「7~8件も来れば戦場」

という。診療時間は午後9時から午前6時と長い。

獣医師が1人のために対応しきれず、横浜市や神奈川県

相模原市などの病院を紹介する「たらい回し」も月に

1~2件ある。

2008.8.1.読売新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間と同じように、動物でも夜間診療の必要はあると思います。

いつ何時、状態が変わるかもしれないし

突然悪化することも考えられます。

夜間診療を体制付けている地域はいいですが

その制度がないために、泣く泣くあきらめることも多いので

全国的にこのような制度があればいいと思います。

|

« 岡山県から猫の里親募集中・続編 | トップページ | 愛犬もメタボの時代 »

動物の病気と高齢」カテゴリの記事

コメント

そうですね、全部の地域に1件でも、それか当番制でも夜間やってくれる病院があると助かりますよね。
札幌には1件夜間診療専門病院が中心部にあります。
緊急時はそこに頼れると思うと、ちょっと安心です。

投稿: くち | 2008年8月10日 (日) 06時24分

札幌には夜間専門の動物病院があるんですよねぇ・・・。
田舎では、夜間専門は無理かもしれませんが
せめて人間病院のように
当番病院の制度があればいいな~と思っています。
いつ何時、体調が悪くなるかわからないですから。

投稿: マリー・ミミー | 2008年8月10日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/22759643

この記事へのトラックバック一覧です: ペット夜間救急試行中・都獣医師会:

« 岡山県から猫の里親募集中・続編 | トップページ | 愛犬もメタボの時代 »