« 犬猫の飼育10匹以上で届け出。滋賀県は条例改正案示す | トップページ | 緊急のお願いです!! »

2008年9月20日 (土)

動物愛護週間です

毎年9月20~9月26日は、動物愛護週間です。

これは法律によって定められているもので

広く国民に動物愛護の精神や意義、適正な飼養について

関心をもってもらい、理解を深めてもらうことにあります。

ここでは犬や猫のペットを主として取り扱っていますが

今回は、ちょっと別な視点から考えてみようと思います。

アムールトラという、トラの中でも大型のトラをご存知でしょうか?

アムールトラは、野生での生息数が極端に少なく

450頭くらいと推定され、絶滅危惧種に指定されています。

世界中の動物園では500頭、日本国内では59頭

すべての個体が血統登録され、種の保存のために様々な

活動がされています。

飼育している動物園で協力して、繁殖を目的とした

賃貸契約を結ぶ、ブリーデイングローンという活動もされています。

地元の釧路市動物園では、5月24日にアムールトラの子供が

3匹誕生しましたが、そのうち一番小さかった1匹はお星様になり

オスの「タイガ」とメスの「ココア」が命のバトンをつなぎました。

しかし足に障害のあることがわかり、精密検査をしたところ

「軟骨の形成不全症」という、左足の骨が変形して

手足の骨の成長不全と、手首足首の骨の未発達であるという

診断が下されました。

特にオスのタイガは、胸椎と腰椎の一部が変形しているそうです。

先天性の病気で原因不明で、軟骨の成長が遅くなる

もしくは止まると、手足が体に比べて小さくなり

体重が増えると、大きな負担になります。

今後は人間と同じように、合併症対策の治療を進めるそうです。

動物園ではタイガとココアの一般公開をしており

動物園のHPでもご覧になれます。

またNPO法人釧路市動物園協会では、2頭が今後

生きていくための治療や検査、新たな動物舎建設などが

必要となることが予想されるので、この資金として募金活動を

行っています。

Kokoataiga2

現在の2頭の様子は、釧路市動物園のHP

振込み先などはNPO法人釧路市動物園協会のブログにて

ご覧いただけます。

動物といっても、そうそう身近ではないトラなんて・・・と

思うかもしれかせんが、人の命を簡単に奪ってしまう事件が

多発している昨今、命の大切さを見つめ直す機会となれば・・・

と思っています。

|

« 犬猫の飼育10匹以上で届け出。滋賀県は条例改正案示す | トップページ | 緊急のお願いです!! »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/23882842

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護週間です:

« 犬猫の飼育10匹以上で届け出。滋賀県は条例改正案示す | トップページ | 緊急のお願いです!! »