« ペットフードの安全確保に関する法律施行令に意見募集 | トップページ | 東京都:ペット預かります~高齢者の入院時など~ »

2008年9月 2日 (火)

迷子ペットの無線捜索システム解禁へ

迷子になったペットを無線で捜索。

総務省は、犬や猫の首輪などに超小型無線発信器を

組み込み、電波探知機で居場所を探せるシステムを

解禁する。

9月に電波法の関係省令を改正する方針で

複数のメーカーが専用機器の開発・販売を検討

しているという。

電波法では、無線を利用する際は原則として

免許の取得を義務付けている。動物に発信器をつけて

場所を探す場合も、一匹ごとに免許を受ける必要が

あるため、野生動物の行動研究などの用途に

限られていた。

ただ、最近は無線機の小型化・高性能化が進み

電波障害なども技術的に防げるようになったため

総務省は一定の出力以下などの条件を満たした

機器は、免許がなくても量販を認めることにした。

電波が届く距離は数百メートル~1キロメートル程度を

想定しており、ペットの行方がわからなくなった場合

首輪から発信される電波の方向や強弱などをもとに

大まかな居場所を特定する。

2008.8.4 読売新聞

著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脱走するクセのある犬や猫に利用すると良いかもしれません。

無線機で居場所をある程度、特定できるのは歓迎すべき

ことですし、これに加えてGPS機能があれば

もっと良いだろうと思います。

|

« ペットフードの安全確保に関する法律施行令に意見募集 | トップページ | 東京都:ペット預かります~高齢者の入院時など~ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/23444576

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子ペットの無線捜索システム解禁へ:

« ペットフードの安全確保に関する法律施行令に意見募集 | トップページ | 東京都:ペット預かります~高齢者の入院時など~ »