« 訃報です | トップページ | たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増 »

2008年10月24日 (金)

チワワ道路にたくさんいると通報

東京都八王子市で9~12日に、捨てられたとみられる

チワワ計15匹が相次いで保護されていたことが分かった。

見つかった場所は、長房町や城山手などの市中央部の

半径約2キロの範囲に集中している。市保健所などは

ブリーダーかペット販売業者が捨てた可能性が高いとみている。

市保健所によると、9日朝に長房町の住民から

「道路にチワワがたくさんいる」と連絡があり、駆けつけた

職員が6匹を保護した。その後も12日までに長房町や隣接する

城山手などで計9匹を保護。うち5匹は住民が引き取って

飼っている。

1匹を除いて首輪はなく、虐待された跡や衰弱した様子も

ないという。保健所の担当者は「短期間でこれだけたくさんの

チワワが見つかった例はない」と驚いている。動物愛護法違反の

疑いもあるとみて、八王子署と高尾署に通報した。

市が保護した残りのチワワ10匹は、都動物愛護相談センター

多摩支所(日野市)に移された。規定の期間内に飼い主が

現れなかったため、相談センターの講習を受けた希望者に

譲渡される見込み。担当者は「推定3~5歳と小さくはないため

売買時期を過ぎてブリーダーや販売業者が処分に困って

捨てたのでは」と話している。

2008.10.23 毎日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわゆる「売り時」を過ぎてしまい、どうすることもできなくなって

捨てたということでしょうか。

無理矢理繁殖をさせ、必要以上に多数のチワワを抱えたと

いうことでしょうか。

道路に放置する前に、もっと他にすることが

いくらでもあったのではないでしょうか。

動物愛護相談センターから希望者に譲るときに

終生飼うこと、安易な考えで飼わないこと・・・

収容所から譲渡する方に対しての講習を

どこの施設でも行って欲しいものです。

|

« 訃報です | トップページ | たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増 »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/24703199

この記事へのトラックバック一覧です: チワワ道路にたくさんいると通報:

« 訃報です | トップページ | たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増 »