« チワワ道路にたくさんいると通報 | トップページ | 動物虐待・子猫の耳や足に釣り針~長崎~ »

2008年10月27日 (月)

たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増

三毛猫の「たま」が駅長を務める和歌山電鉄貴志川線貴志駅

(和歌山県の紀の川市)に、今春から夏にかけ、相次いで

子猫が捨てられた。たまは07年1月に駅長就任以降

写真集発売など人気を呼んで乗客増にも貢献。中には

「たまみたいに可愛がってあげて」とメモが添えてあったが、同社は

「たまの所なら育ててもらえると思うのは間違い。責任を持って

飼って欲しい」としている。

これまで貴志駅に捨てられた猫は6匹。同社や引き取った

県動物愛護センターによると、最初は5月24日、待合室で

子猫2匹が毛布を敷いたダンボールの中で鳴いていた。

同様に8月21に2匹、同27日にも1匹。

7月下旬には、生後2カ月程の子猫1匹が待合室のベンチに

ひもで結び付けてあった。

貴志駅売店店主でたまの飼い主は「たまが、捨て猫だった

「ちび」を育てたことが知れたためでは」と話す。

猫の出産期は5~6月。8月27日を最後に捨て猫は

確認されていない。同社は「猫を大切にすると思われての

ことだろうが・・・」と困惑する。来年も同じころに捨てられないか

心配し、8月下旬に貴志駅に張り紙をして、猫を捨てないよう

呼びかけている。

2008.10.22 毎日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

呆れてしまう事件です。

大きな勘違いというか、あまりにも自分寄りの解釈としか

いいようがありません。

誰か他の人が見つけて可愛がってくれるだろう・・・・

そんなことを考える前に、自分で可愛がるべきです。

|

« チワワ道路にたくさんいると通報 | トップページ | 動物虐待・子猫の耳や足に釣り針~長崎~ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/24783618

この記事へのトラックバック一覧です: たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増:

« チワワ道路にたくさんいると通報 | トップページ | 動物虐待・子猫の耳や足に釣り針~長崎~ »