« 僕の名前は・・・命の灯火消さないで~福岡~ | トップページ | 捨て犬猫の収容所拡充、飼い主との出会いの場に~環境省~ »

2008年11月29日 (土)

救出2年崖っぷち犬

眉山(徳島市)の斜面で動けなくなった犬「崖っぷち犬」が

救出されて2年が過ぎた。「リンリン」の名で引き取られた雌

(2歳6ヶ月)は現在、神山町の県動物愛護管理センターで

飼われている。センターは1日数10匹の犬、猫を殺処分しているが

年々その数は減り「崖っぷち犬」が有名になった後の2007年度は

大きく減って前年度より約1400匹少ない6017匹。センターは

さらに年間処分数を3000匹以下に抑える目標を掲げ

「リンリンには啓発活動のシンボルになってほしい」と願っている。

リンリンは06年11月22日、約1週間ぶりに斜面から救出される

様子が全国に報道されて有名に。同センターが保護した後

07年1月、飼い主希望者の抽選で、つるぎ町の主婦に決まった。

しかし、生後3カ月を野犬として育ったために元々人に懐きにくく

斜面での恐怖、カメラのライトやフラッシュを当てられたことなど

当時の体験がトラウマ(心の傷)として残る。

この主婦の下から逃げ出したり、主婦の体調が良くなかったり

したため、今年9月、センターが引き取った。

職員と喜んで散歩しているという。

「全国の人が無事を祈り、救助されたリンリンを処分したくない」。

センターが1年間に殺処分する数は03年以降、1万243匹

8436匹、7721匹、7434匹、そして07年度6017匹で

捨て犬、猫の減少で年々少なくなった。

ただ今年度は10月末までに3802匹で、前年度を下回るか

わからないという。センターでは飼い主のいない犬や猫を処分する

だけでなく、それらの飼い主を募り、動物に親しんだり適正な

飼い方を指導したりする。啓発教室を毎年6~7回開催。

そこで活動する犬や猫20~30匹を飼っており、リンリンも

仲間に入れることにした。センターでは「今後5年間で

処分数を3000匹以下に抑えたい。リンリンにも力になって

ほしい」。と期待している。

2008.11.24 読売新聞 徳島版

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

処分される犬や猫の数が、年を追うごとに少しずつ減っているのは

大変意味のあることと思いますが、気になった点があります。

話題になった「崖っぷち犬」の新しい飼い主さんを募ったところ

全国から希望が殺到したと聞きました。

最終的には近隣に住む方に譲渡したのですが、譲渡する際に

もっと多角的な方面から判断できなかったのでしょうか。

犬や猫の平均寿命は15年前後ということを前提にして

飼い主となる方と終生過ごすことを考えたときに

希望者の年齢や動物飼育経験の有無、今後想定される

生活環境の変化などを考慮したのでしょうか。

崖っぷち犬「リンリン」は、結局出戻りとなった訳で・・・

譲渡するときに、もっと慎重になった方が良いのではと

思ったのは私だけでしょうか。。。

|

« 僕の名前は・・・命の灯火消さないで~福岡~ | トップページ | 捨て犬猫の収容所拡充、飼い主との出会いの場に~環境省~ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

私も先日、週刊誌で見て知ったばかりでした。
崖っぷち犬。その子だけに殺到。それも、おかしい話ですよね。
飼い主が決まり、大丈夫なのか心配でした。
週刊誌には綺麗に書いてたけれど、それって、飼育放棄って事ですよね。
サイズが間違ったからと、返品できる洋服とは違うもの、もっと考えてほしいです。
譲る人も、飼うと決める人も。


私だけじゃない。私も同感です。

投稿: あいママ | 2008年11月30日 (日) 20時19分

あいママさんへ☆
ご訪問&コメント、ありがとうございます!
結局、飼い続けることができなかったということですよねぇ。
動物を飼うということは、そのコの一生と命を預かることになるし
それなりにお金もかかるのだから
慎重すぎるくらい慎重になって欲しいです。
安易に譲渡し安易に考えて飼う・・・これが裏目に出てしまった
と思っています。

投稿: マリー・ミミー | 2008年11月30日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/25753259

この記事へのトラックバック一覧です: 救出2年崖っぷち犬:

« 僕の名前は・・・命の灯火消さないで~福岡~ | トップページ | 捨て犬猫の収容所拡充、飼い主との出会いの場に~環境省~ »