« ペットフードの製造・表示・成分関連に関する規定案に意見募集中 | トップページ | ペットの新たな飼い主探し  »

2009年1月29日 (木)

町営住宅でもペットOK!

犬や猫と一緒に町営住宅で住めます・・・。

旧産炭地で過疎化が進む空知支庁上砂川町が、こんな試みを

始める。これまで町はペットの飼育を禁じてきたが、町外から

ペット愛好者を受け入れるため、2月から1団地を開放する。

人口減少に歯止めをかけるのが目的で、道住宅課も

「ペットが飼える道営住宅はない。道内では、市町村の

公営住宅でも聞いたことがない」という。

上砂川町の人口は現在、約4200人。52年のピーク時には

約3万2千人に上がったが、87年の三井砂川炭鉱の閉山以降

人口減少が続いている。町が職員にアイディアを募り、町外からの

転入者確保と定住促進のために決めた。

ペットが飼えるのは、同町東町北3丁目の東町団地(164戸)。

現在、約80戸に空きがあり、大半が年配者世帯。

今後も人口減少が見込まれ、バスの運行や共同浴場の運営に

支障をきたす恐れがあるという。町は「入居してもらい、地域の存続を

図りたい」という。

建物は1棟8戸の2階建てで、当初は3棟の空いている18戸を用意。

3LDK(約69平方メートル)で、家賃は収入などに応じて

1万3700円から。入居時、敷金2カ月分など10万円が必要。

室内で飼うことが条件で、犬や猫(2~3匹程度。大型犬不可)を

想定している。

「鳴き声などを好まない人もいるのでは」と現在の住民向けに

町は説明会を開いたが、特に苦情は寄せられていないという。

町長は「各地でペットの問題が起きているが、禁止するより

逆に一定のルールをつくって守ってくれたら地域とうまくやっていけると

思う。できるだけ多く入ってもらいたい」と期待する。

問い合わせは、町土木建築係(0125-62-2011)へ。

2009.1.28 朝日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公的な住宅では、本来ペットの飼育が禁止されていますが

知っていながらこっそりと飼いはじめて、他の住民との間に

大きなトラブルとなっているケースが多くみられます。

そのため、ペットを飼うなら強制退去か、住むならペットを手放すかの

二者択一を迫られてしまい、大変な問題に発展したことがありました。

ただ「出るか、手放すか」の選択肢だけではなく、住民同志で

話し合ったりルールを決めたり、ペット可の棟を設けたり・・・と

考え次第によっては、どちらにとっても良いウイン・ウインの関係に

なることもできるかと思います。

このケースは画期的な方法の一つではないでしょうか。

ペットが生きがいになっているお年寄りや、動物が人と人を

つなげる潤滑油になっていることもあるのですから。

|

« ペットフードの製造・表示・成分関連に関する規定案に意見募集中 | トップページ | ペットの新たな飼い主探し  »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/27587982

この記事へのトラックバック一覧です: 町営住宅でもペットOK!:

« ペットフードの製造・表示・成分関連に関する規定案に意見募集中 | トップページ | ペットの新たな飼い主探し  »