« 《道々》犬猫の殺処分~命と向き合う責任を~ | トップページ | 23区初!犬登録番号の選択制度導入 »

2009年2月28日 (土)

犬&猫にも進む高齢化の波

ペットフードメーカなど80社で組織する「ペットフード工業会」(東京)が

発表した「平成20年度全国犬猫飼育率調査結果」で

飼育世帯率から推計される飼育数は犬1310万1000匹

猫1373万8000匹の計2683万9000匹となり、昨年度に比べ

約130万匹増えたことが分かった。

15回目の今回調査は昨年10月、全国16~69歳の2人以上

世帯の女性および単身者の男女(回収率4318人)を対象に

行われた。

目立ったのは、猫の飼育数の増加。第1回(平成6年度)に比べ

犬の飼育数は約1.4倍だが、猫は約1.8倍に。

平均飼育数も1.84匹と、犬(同1.39匹)に比べ

多頭飼いの傾向がみられた。

ペットの高齢・老齢化も一層進む。一般的に犬や猫は7歳以上が

シニアとされるが、その率は犬で全体の55.3%(昨年度51.0%)

猫で47.4%(同45.8%)。うち約3割は10歳以上の

老齢犬・猫だった。

「ペットフードを購入する際に確認すること」では、58.7%の

飼い主が「成長段階(対象年齢)」を最重要確認項目として

挙げており、食べ物と長寿化との関連をうかがわせた。

一方、18年度を境に、15歳未満の子供の総数と犬猫の飼育数が

逆転。ペットの飼育数が増え続ける背景として、同工業会は

飼育可能な住居環境が整備された▽少子化の中で、ペットが

子供と同じようにかわいがられるようになった▽ペットと暮らすこと

による精神的効用が広がったーことなどを挙げている。

2009.2.24 産経新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬や猫は、人間の倍以上のスピードで年を取ります。

気が付いたときには、自分の年齢を追い越され

シニア世代になっているのではないでしょうか。

動物とはいえ、飼うことは家族の一員になるのですから

食べるものや健康に気を使うのは当然のことです。

動物医療も日々進化しているので、長生きすることが

可能になったこともあると思います。

|

« 《道々》犬猫の殺処分~命と向き合う責任を~ | トップページ | 23区初!犬登録番号の選択制度導入 »

動物の病気と高齢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/28412752

この記事へのトラックバック一覧です: 犬&猫にも進む高齢化の波:

« 《道々》犬猫の殺処分~命と向き合う責任を~ | トップページ | 23区初!犬登録番号の選択制度導入 »