« 下関市:麻酔薬使用。犬猫苦しませず処分 | トップページ | 盲目の猫救う「命のリレー」つながる »

2009年3月30日 (月)

持ち込み犬が大幅減 宮城県動物愛護センター

飼育放棄などで宮城県動物愛護センター(宮城県富谷町)に

持ち込まれる犬の数が着実に減っている。愛護センターによる3月の

子犬譲渡会は中止の見通しとなった。

ペットの不妊・去勢手術が浸透しているのに加え、2008年度から

始めた犬猫引取り有料化の成果が表れた格好だ。

民間の愛護団体も「身勝手に処分される命が減るのは良いこと」

と評価している。

愛護センターには、県内9カ所の保健所・支所が飼い主から

引き取ったり、飼い主不明で保護したりした犬や猫が集められる。

07年度には犬約1500匹、猫約5200匹が持ち込まれた。

08年度の犬の持ち込みは2月末現在で905匹にとどまっており

07年度を下回るのは確実だ。愛護センターは「ペットは家族という

意識が広まってきたのではないか」と分析する。

子犬の保護も2月末現在で259匹と、前年同期の52.2%。

健康状態の良い子犬については、毎月第4水曜日に譲渡会を

開いているが、4日現在で譲渡用の子犬は1匹もおらず

3月の譲渡会は中止が検討されている。

一方、猫の持ち込みは子猫を中心に毎年約5500匹程度で

変化がない。生まれて間もない猫は譲渡にも適さないため

大半が殺処分されるという。

県は08年度、殺処分の減少を目指す「県動物愛護管理推進

計画」に基づく取り組みを始めた。計画の柱は引き取りの有料化。

生後91日以上の成犬、成猫は2000円、生後91未満は

400円の手数料を徴収する。

愛護センターは「安易な引き取りに対する抑止効果が出ている」と

説明。07年度の犬の引き取りが最多だった仙南保健所

(大河原町)も「有料化に関するトラブルはない」という。

捨てられたペットの里親探しをしている仙台市の市民団体

「アニマルピース」の代表は「処分数が減ったのは嬉しい」としながらも

「一部には動物愛護の意識が低い飼い主もいるので安心は

できない」と指摘する。

その上で愛護センターについて「動物を処分する施設から

一時的に保護して次の飼い主に引き渡す施設に変える時期に

来ているのではないか」と提言している。

愛護センターと所管する県食と暮らしの安全推進課も

「子犬だけではなく譲渡に適する成犬をスムーズに選別できる

ように性格や健康状態、年齢に関する指針を作りたい」と

している。

2009.3.15 河北新報

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保健所などによる引取りの際に、手数料を徴収するのは

珍しいことではなく、もはや当たり前のようになってきています。

私個人的には、飼い主の持込による引取りに関しては

かなりの高額料金を徴収しても良いと思っているのですが。。。

譲渡するのはどうしても子犬や子猫が中心になりがちで

成犬・成猫は、後回しになってしまいます。

しかし、性格が決まっているので「予想と性格が違った」という

ことにはならないメリットがあるかと思います。

せっかく殺処分数が減ってきているので、譲りやすい子犬・子猫

だけではなく、成犬・成猫の良さをアピールしていくことも

今後の課題といえそうです。

|

« 下関市:麻酔薬使用。犬猫苦しませず処分 | トップページ | 盲目の猫救う「命のリレー」つながる »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

宮城県内で処分が減ったのはとてもうれしいことです。
有料化も影響してることとのことですが、成犬・猫は2000円、生後91日は400円と、それでも全然低いと思います(;_;)


それが、処分される犬や猫たちの命の値段なんですか?命に値段がつくのも悲しいことです…
自分で持ち込んだペットの処分は、その飼い主が最後のボタンを押すくらいあっていいと思います…

私も子供のころから、捨て猫や犬となれば実家で飼ったり、里親を探したり、学校に捨てられて処分されそうになった子犬4ひきを大人達の手を振り払い止めたこともありました。

親の教えからなのか、最初は飼えないと言ってただ見ていた生徒達も、行動にでてくれました。希望者が増え、抽選会に。
うちの学校では初の出来事までに。


現代では最初からあきらめて、何もしない人がほとんどなんだと思います。

親が親なら子も子。
結局は大人が変わらなければ、受け継がれないんですよね。

今、私はマンション暮らしですので、あまり飼えませが、捨て猫だった2匹で手いっぱいです。
実家の帰省時、サプライズで子犬と子猫を連れて帰ろうかとも考えてます☆


この震災で、命の尊さを身に染みて感じてる今が、変わるチャンスだと思いました。
処分率が低い(0)、命を大事にする県・全国1位となれるくらい変わることを願ってます…

ただの一般人が偉そうに意見してしまいましたが、素直にそう感じたのでコメントさせていただきました。
いろいろとご苦労、精神的苦痛などもあるかと思いますが、1匹でも多く助かる命が増えることを願ってます。


投稿: りんてん | 2011年11月27日 (日) 14時54分

管理者の方の目に止まる事を祈ってコメントを記入しています。昨日やくらい山の麓にあるお土産を販売しているところに行ってきました。そこに白い犬2匹(首輪なし)がうろうろして人を探すような素振りをしていました。身体はやせており、毛も汚れてしまっていました。可哀想と思い側によりましたが、なかなか近くによる事が出来ず、おにぎりを少し食べれるようにおいてきました。確実に捨て犬だと思われます。どうにかしないと車に惹かれてしまうのではないかと心配です。どうか何とか助けてあげてください。私も犬を飼っているため引き取る事が出来なく心苦しいのですが、何とかしていただけませんか?

投稿: ひろみ | 2016年3月22日 (火) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/28878964

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち込み犬が大幅減 宮城県動物愛護センター:

« 下関市:麻酔薬使用。犬猫苦しませず処分 | トップページ | 盲目の猫救う「命のリレー」つながる »