« 札幌市動物管理センターが5月から「犬猫飼い主さがしノート」を設置 | トップページ | 非売品「ペットフードの秘密」が100名に当たる・・・ »

2009年4月29日 (水)

飼い主なき犬救命率70%に

大牟田市動物管理センター(大浦町)が受け入れている犬の救命率は

2008年度に初めて70%を超え、10年前の約3倍に増えた。

猫も50%を上回った。粘り強い引き取り手探しが改善に

つながったとみられ、飼育希望者名簿を整備したり

犬をホームページに掲載したりして引取り増を目指している。

センターは08年度、捕獲・保護されたり、市民が飼えなくなって

持ち込んだりした犬216匹のうち141匹を新しい飼い主に譲渡

29匹を飼い主に返還、59匹を処分した。救命率は72.7%

前年よりも12.5ポイントアップした。

1990年度には1474匹を引き取り、1299匹が処分されており

救命率は11.9%にすぎなかった。当時は預かった犬を1週間

程度で処分したが、現在は可能な限りセンターで飼ったり

子犬の飼い主探しを定期的に実施したりしている。今年1月からは

首輪のついた迷い犬などをホームページで紹介し、掲載した

約40匹はすべて引き取られた。

動物保護団体「地球生物会議」(東京)によると、07年度の

大牟田市の救命率は60.8%で、全国で最も高い熊本市

(76.5%)に近づいている。全国へ基金は約23%で

大牟田市は「管理施設を持つ全国105自治体の中でも

上位5位内に入っているはず」と自身を深めている。

全国平均3%と救命率の低い猫についても08年度は

298匹を引き取り、156匹を譲渡できた。救命率は52.3%

と前年度に比べて27.8ポイントも改善した。

2009.4.24 西日本新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

センターに持ち込まれた場合でも、粘り強く引き取り先を探すと

処分される頭数も減るのではないかと思います。

保管場所の容量や、施設の状況などにもよるでしょうが

一定期間が過ぎたから即処分ではなく、期間が過ぎた場合でも

可能であれば、引き続き貰い手を探す活動を続けることにより

新たな飼い主が見つかる可能性もあるはずです。

首輪のついた迷い犬をHP上で掲載した40匹が

すべて引き取られたのは、奇跡的なことではないでしょうか。

|

« 札幌市動物管理センターが5月から「犬猫飼い主さがしノート」を設置 | トップページ | 非売品「ペットフードの秘密」が100名に当たる・・・ »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/29352916

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い主なき犬救命率70%に:

« 札幌市動物管理センターが5月から「犬猫飼い主さがしノート」を設置 | トップページ | 非売品「ペットフードの秘密」が100名に当たる・・・ »