« 野良猫、無残な死骸 昨年から20匹超被害 | トップページ | 命の大切さ学ぶ 市民団体が処分待つ犬と対面 »

2009年7月27日 (月)

<狂犬病>予防接種わずか4割

狂犬病予防法に基づき、すべての飼い犬に義務付けられている

狂犬病の予防ワクチン接種率が実際には4割にとどまっていることが

日本獣医師会などの調査で分かった。国内感染による狂犬病は

50年以上発生していないが、年間約3000人が死亡する中国を

はじめ、周辺のアジア各国は発生率が多い汚染地帯。専門家は

「いつ日本に侵入してもおかしくない。このまま低い接種率が続けば

侵入後は国内での流行を阻止できない」と警告する。

国内では1950年に狂犬病予防法が施行され、飼い犬の

市町村への登録と年1回のワクチン接種が義務化された。

国内で犬にかまれて発症した狂犬病患者は54年を最後に

確認されていない。

半世紀以上、国内発生がないことが人々の危機意識を弱め

近年は登録率、ワクチン接種率とも低下。ペットフード協会の

調査による国内の犬の飼育匹数(07年度)は推定1252万匹に

上がる。そのうち厚生労働省調査による国内の犬の飼育匹数は

約674万匹、ワクチンを接種した犬は510万匹にとどまる。

登録率は54%、接種率は41%の低さだ。

獣医師会の専務理事は「マンションなどでの室内飼いが増え、感染の

危険性がないと思い込んでいる飼い主が増えているのではないか」と

話す。

世界的には発生が続き、毎年3万~5万人が死亡。特にアジアでは

中国やインド、東南アジア、韓国で発生。インドネシアのバリ島では

昨年11月に初の感染犬が確認された後、島内に感染が拡大。

在デンパサール総領事館によると、今年4月ごろまで狂犬病による

死者や、犬にかまれて病院に駆け込む人が相次ぎ、多くの野良犬が

殺処分されたという。

2007.7.25 毎日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狂犬病予防法という法律で、毎年1回のワクチン接種が義務化

されているにも関わらず、未接種のままにしている飼い主が

多いということの現れではないでしょうか。

確かに身近なところで発生したという話は、そうそう聞かないし

2006年に国内で発生したのは、海外旅行中に犬にかまれて

発病したというケースでした。

狂犬病はすべての哺乳類が感染し、咬まれたことにより

感染するのが主です。最終的には脳に達し、ウイルス性の

脳炎になり致死率は100%です。

例え室内飼いだとしても、予防接種をするのは飼い主の

マナーの一つといえるはずです。

|

« 野良猫、無残な死骸 昨年から20匹超被害 | トップページ | 命の大切さ学ぶ 市民団体が処分待つ犬と対面 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518869/30718913

この記事へのトラックバック一覧です: <狂犬病>予防接種わずか4割:

« 野良猫、無残な死骸 昨年から20匹超被害 | トップページ | 命の大切さ学ぶ 市民団体が処分待つ犬と対面 »