« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

捨てられるペットを救え!

20日から始まる動物愛護週間は、ペットの命と向き合う好機だ。

飼い主の都合で捨てられたり迷子になったりして、殺処分される

犬や猫は年に約30万匹。自治体の保健所などは、身勝手な

飼い主に苦言を呈したり、民間のペットショップと協力して処分を

減らそうと試みている。

熊本市の保健所の市動物愛護管理センターでは、職員が

ペットの飼い主と電話で激しくやりあう場面が絶えない。

飼い主:「処分するのがお前の仕事だろ」

職員:「飼い主の責任も果たさないでそんなこと言うのは

おかしい」

同センターでは06年度から、飼い主の勝手な都合でペットを

引き取るよう求められた場合、簡単には受け入れない方針を

徹底し、飼い主の説得を試みることにした。かむ、吠える

という理由で手放そうとする人には、しつけの仕方を伝授。

プロのインストラクターを紹介することもある。

だが、飼い主を説得できなかったこともある。闘犬用に土佐犬を

飼っていた人が「使い物にならなくなった」として殺処分を強く

要求。センターとしては、その犬を注射で安楽死させる場面に

飼い主を立ち会わせることが精一杯だった。

所長は「言われるままに処分するのは簡単。飼い主に憎まれても

命を捨てることの重大さを伝えたい」と話す。

センターで殺処分された犬猫は05年度は813匹だったが

飼い主への厳しい応対を徹底した06年には571匹に減った。

市民が引き取り手探しに協力してくれたこともあり、今年度は

交通事故にあった猫1匹を安楽死させただけだ。

センターは、ホームページにペットの写真を載せて飼い主を募集する

活動にも力を入れている。8月からは、飼いやすさを一つ星

「たくさんの時間とたくさんの愛情が必要」から、五つ星「人慣れ

しやすい。初めて飼う方向き」まで段階別に示すことを始めた。

「シャイだがなでてもらうのが大好き」「おっとりした性格」といった

それぞれの性格なども詳しく紹介するようにし、見た目では

わからない情報の提供を増やしている。

埼玉県で殺処分などを担う県動物指導センターが

ペットショップと連携し、捨てられた犬猫の新たな飼い主を

探す試みが昨年から始まった。同センターによると、保健所など

公的機関が地域の動物愛護団体に譲渡するケースは一般的

だが、民間企業に譲り渡すのは全国でも極めて珍しいという。

越谷市の大型ショッピングセンター内にあるペットショップ

「ペコス」。数年前に愛犬と死別したという買い物客は「ここに来ると

癒される。機会があれば飼いたい」と、窓越しに雑種犬を眺めていた。

この一角の名は「ライフハウス」。店を営む会社が「いのちを少しでも

救いたい」という願いを込めて名づけた。紹介しているのは

県動物指導センターから譲られた犬ばかり。値札はなく、その代わりに

「セカンドパートナーを待っています」という張り紙があった。

こうした連携について、同センターの担当部長は「民間に

譲り渡すことに不安を持つ人もいるかもしれない。ただ、恐れる

ばかりでは殺処分は減らせない」と語る。買い物客が行き交う

大型ショッピングセンターという立地の良さが手伝って、引取りを

希望する人が増えると見込んでいる。

ペットショップ側も、引き取り手が飼い主に適しているか否かを

見極める工夫をしている。「最後まで飼い続ける意思があるか」

「家族全員が飼うことに賛成しているか」など19項目に

わたって細かく質問。この1年で20匹が引き取られた。

店長は「飼い主が見つかるペースがどんどん速くなっている」

と話した。

2009.9.19 朝日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通ペットショップというと、高額な値段のついた血統の良い

ブランド犬・猫を販売しているというのが一般的ですが

そうではなく、保健所などから譲り受けた犬や猫を

新たな飼い主に引き渡す活動をするということは、並大抵の

努力でできることではありません。

新しく飼い主となる人が、動物を飼うことに対して適しているか

ということを見極めるのも大変重要なことです。

住宅事情や家族の同意もそうですが、今後の生活環境に

何らかの変化があったとしても、きちんと最後まで飼う覚悟が

できていることも必要です。

「自分が飼う犬・猫は、血統書付きではないと!」という考えを

改めろとまでは言いませんが、狭い範囲いとらわれずに

色々な角度から考えてみるのも一つの方法ですよ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

迷子の愛犬、家に帰そう。団体が連絡先ホルダ開発

愛犬の首輪に迷子札と注射済み票を。動物保護団体「地球生物会議」

は20日からの動物愛護週間を前に「迷子の犬を家に帰そうプロジェクト」

として、飼い主の連絡先などを首輪に簡単に取り付けられるホルダーを

開発、自治体を通じ普及に努めている。

狂犬病予防法は、市区町村への飼い犬登録や狂犬病予防接種の

際に交付される鑑札や注射済み票の犬への装着を飼い主に

義務付けているが、装着に手間がかかることもあり、あまり守られていない。

その結果、捕獲・収容された犬の多くが飼い主が分からず殺処分されて

おり、ALIVEの自治体調査によると、207年度に全国の保健所などが

収容した所有者不明の犬約8万9千匹のうち、飼い主に返還された

のは約1万7千匹(19%)。残る7万2千匹の大半が殺処分となった。

ALIVEは愛護週間に合わせ、関東を中心に1万個を配布予定。

代表は「今後は格自治体にホルダーを購入、配布してもらい

殺処分減少につなげたい」と話す。詳しい情報はホームページ

http://kaesou-pj.net に。

2009.9.14 47news 

著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペットが行方不明になった場合、警察に届けたり

新聞などの情報機関に可能な限り掲載するなど、あらゆる手段を

使って探す方法がありますが、探そうと努力せず

そのままにしておく飼い主も多くいると聞きます。

結果として保健所に収容され、飼い主が見つからず

新しく飼おうとする人も見つからず殺処分されてしまう

運命にあります。

毎年9月の20日から6日間は、法律で制定された

動物愛護週間となっていますが、いったい世間の何人がそのことを

知っているのでしょう。

「ただ愛護週間があるだけ」になっているように思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

介護・認知症・DV 飼えなくなった世相映すペット

飼い主が高齢で認知症になったり、ドメスティックバイオレンス(DV)

で非難したりして飼えなくなったり、捨てられるペットが増えている。

東京都府中市で長年動物の里親探しの活動を続ける団体に

よると、こういった動物の引き取り数はここ数年で3倍以上に

増加した。介護の問題や核家族化など、現代的な世相が

背景にあるようだ。

環境省によると、各地の保険所などに引き取られ、殺処分

になった犬と猫は07年度で約29万9千匹。04年度は

約39万匹で、引き取り数とともにここ20年でも減少傾向に

ある。ただし、捨てられた犬や猫などの保護、里親探しの活動を

20年以上続けている「SALAネットワーク」(東京・府中市)に

よると、ここ数年で事情が様変わりしている。里親探しで年間

延べ約30匹を引き取るが、そのうち約半分が介護や認知症

DVがからんだものだという。

SALAには昨年3月頃、都内に住む50代の男性から「介護があり

チワワを飼い続けられなくなった」と社会福祉協議会を通じて

相談があった。60代の姉と90代の母親が認知症のため

介護しなければならなくなり、母が飼っていたチワワ4匹が

飼えなくなったという。DVから非難する際、ペットを飼えなくなる

ケースもある。07年の冬には稲城市の20代の女性から「自分が

逃げる前に飼っている雑種犬に危害が及ばないように何とかしたい」

と相談があった。

代表によると、飼い主だったお年寄りの介護が必要になり、子供

夫婦が引き取るとなるとマンションではなかなか飼えない、といった

ケースが目立つという。「犬や猫を救うことは命の大切さに触れ

人の心を救うことにもなる。子供のうちから触れあいがあれば

ペットを捨てようと思うことはなくなる」と力を込める。

2009.9.1 朝日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活環境は、予想に反して変わることがあるものです。

後から悔やんでも仕方のないことですが、犠牲になるのは

家族はもちろんペットも同じこと。

もし自分が飼い続けることができなくなった場合、信頼のできる誰かに

引き継いでもらえる用意をすることの必要を感じます。

動物愛護団体に助けを求めるのも一つの手ですが

引き取る数に、限界のあることを認識して欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »