« 2009年10月 | トップページ

2009年11月

2009年11月12日 (木)

捨て犬・猫、殺処分を減らそう!積極的に譲渡転換/山形

県内で、飼い主に捨てられるなどして行政に殺処分される犬や猫は

無い年約3000匹に上る。歯止めをかけるため県は昨年

「県動物愛護推進計画」を制定。講習会への参加を義務付け

責任を持って飼育できる飼い主に限り、殺処分前の犬・猫の

積極的な譲渡を始めた。殺処分は減少の方向に向かうか。

県はこれまで、年1回の「動物愛護フェスティバル」で紹介する

程度しか、保健所に連れて来られた犬や猫の譲渡には取り組んで

こなかった。犬や猫を捨てる飼い主が後をたたないことが背景にある。

だが県は昨年から「適正な飼い主」が飼うことを条件に、積極的に

譲渡するよう方向転換。講習会が始まった。

31日の講習会で指導されたのは狂犬病の予防接種が必要な

ことや、誰かに飼育されているか分かるように首輪をつけるなど

飼い主として最低限必要なルールについて。講習後、受講者は

飼い主として認められ登録証にサイン。保護された犬や猫の

情報が受講者に送られ、受講者の希望の条件と合致すれば

飼育できるしくみだ。

講習導入で殺処分は減るだろうか。村山保健所管内で見ると

講習導入後の半年を含む08年度の犬の処分数は96匹

(前年度比40匹減)と減少した一方、猫は915匹(同95匹

増)と増加した。保健所生活衛生課の主任薬剤師は「野良猫の

場合、引き受け手が見つかりづらい。飼い主に去勢手術や

不妊治療をしっかりしてもらい、増やさない努力をさらに図って

いきたい」と話している。

2009.11.1 毎日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保健所から犬や猫を引き取る際に、講習会を受けて納得した上で

譲り受けるというのは意味のあることと思います。

「引き取ってもらえば、それで良い」的なことではなく

今後、再び保健所へ戻ってこないことや終生飼養を義務として

犬や猫を飼うための指導的役割を担っていくことになれば

最良ではないでしょうか。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

« 2009年10月 | トップページ