ペット

2009年9月17日 (木)

迷子の愛犬、家に帰そう。団体が連絡先ホルダ開発

愛犬の首輪に迷子札と注射済み票を。動物保護団体「地球生物会議」

は20日からの動物愛護週間を前に「迷子の犬を家に帰そうプロジェクト」

として、飼い主の連絡先などを首輪に簡単に取り付けられるホルダーを

開発、自治体を通じ普及に努めている。

狂犬病予防法は、市区町村への飼い犬登録や狂犬病予防接種の

際に交付される鑑札や注射済み票の犬への装着を飼い主に

義務付けているが、装着に手間がかかることもあり、あまり守られていない。

その結果、捕獲・収容された犬の多くが飼い主が分からず殺処分されて

おり、ALIVEの自治体調査によると、207年度に全国の保健所などが

収容した所有者不明の犬約8万9千匹のうち、飼い主に返還された

のは約1万7千匹(19%)。残る7万2千匹の大半が殺処分となった。

ALIVEは愛護週間に合わせ、関東を中心に1万個を配布予定。

代表は「今後は格自治体にホルダーを購入、配布してもらい

殺処分減少につなげたい」と話す。詳しい情報はホームページ

http://kaesou-pj.net に。

2009.9.14 47news 

著作権法第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペットが行方不明になった場合、警察に届けたり

新聞などの情報機関に可能な限り掲載するなど、あらゆる手段を

使って探す方法がありますが、探そうと努力せず

そのままにしておく飼い主も多くいると聞きます。

結果として保健所に収容され、飼い主が見つからず

新しく飼おうとする人も見つからず殺処分されてしまう

運命にあります。

毎年9月の20日から6日間は、法律で制定された

動物愛護週間となっていますが、いったい世間の何人がそのことを

知っているのでしょう。

「ただ愛護週間があるだけ」になっているように思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

<狂犬病>予防接種わずか4割

狂犬病予防法に基づき、すべての飼い犬に義務付けられている

狂犬病の予防ワクチン接種率が実際には4割にとどまっていることが

日本獣医師会などの調査で分かった。国内感染による狂犬病は

50年以上発生していないが、年間約3000人が死亡する中国を

はじめ、周辺のアジア各国は発生率が多い汚染地帯。専門家は

「いつ日本に侵入してもおかしくない。このまま低い接種率が続けば

侵入後は国内での流行を阻止できない」と警告する。

国内では1950年に狂犬病予防法が施行され、飼い犬の

市町村への登録と年1回のワクチン接種が義務化された。

国内で犬にかまれて発症した狂犬病患者は54年を最後に

確認されていない。

半世紀以上、国内発生がないことが人々の危機意識を弱め

近年は登録率、ワクチン接種率とも低下。ペットフード協会の

調査による国内の犬の飼育匹数(07年度)は推定1252万匹に

上がる。そのうち厚生労働省調査による国内の犬の飼育匹数は

約674万匹、ワクチンを接種した犬は510万匹にとどまる。

登録率は54%、接種率は41%の低さだ。

獣医師会の専務理事は「マンションなどでの室内飼いが増え、感染の

危険性がないと思い込んでいる飼い主が増えているのではないか」と

話す。

世界的には発生が続き、毎年3万~5万人が死亡。特にアジアでは

中国やインド、東南アジア、韓国で発生。インドネシアのバリ島では

昨年11月に初の感染犬が確認された後、島内に感染が拡大。

在デンパサール総領事館によると、今年4月ごろまで狂犬病による

死者や、犬にかまれて病院に駆け込む人が相次ぎ、多くの野良犬が

殺処分されたという。

2007.7.25 毎日新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

狂犬病予防法という法律で、毎年1回のワクチン接種が義務化

されているにも関わらず、未接種のままにしている飼い主が

多いということの現れではないでしょうか。

確かに身近なところで発生したという話は、そうそう聞かないし

2006年に国内で発生したのは、海外旅行中に犬にかまれて

発病したというケースでした。

狂犬病はすべての哺乳類が感染し、咬まれたことにより

感染するのが主です。最終的には脳に達し、ウイルス性の

脳炎になり致死率は100%です。

例え室内飼いだとしても、予防接種をするのは飼い主の

マナーの一つといえるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

不要になった犬猫の服を下取り

株式会社ジョーカーさんは、DOG&CAT JOKER各店にて

「ワンちゃんネコちゃんの洋服下取り」を開始しました。

期間は2009年6月1日~21日まで。

下取り料金は、洋服1着につき洋服お買い物券500円分。

いらなくなったペットアパレルを買い取り、小さくなったり古くなった

洋服を、ブランドやサイズを問わずに下取りします。

下取りした洋服は、製品状態を確認後、「ONE LOVE」を

通して、動物愛護団体や動物保護団体などへの寄付として

リサイクルに役立てます。

洋服お買い物券は、洋服1着の購入につき1枚のみ使用可能。

新しい犬の洋服を購入する際に使用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

犬のリード破断し怪我人・・・強度に余裕ない製品も

犬の散歩に使うリード(引き綱)が破断して、人がけがをすつ事故が

起きている。国民生活センターは「成長過程の犬の場合はこまめに

体重を確認し、成長に合わせて適切な品に交換してほしい」と

注意を呼びかけている。

同センターによると、犬用リードの品質などに関する相談は

2004年度以降の5年間に28件寄せられ、そのうちリードが

破断するなどした事例は15件だった。

北海道の40歳代の女性は、リードの金具が外れたため

犬が近くにいた子どもに突進してけがをさせてしまった。

埼玉県の50歳代の男性は、リードが破断したはずみで階段から

落ちて足を骨折した。

そこで、同センターは市販されている適性体重10キロ以下と

20キロ以下で、長さが固定されているロープ型と伸縮性自在式の

リール型の計18銘柄について商品テストを行った。

20匹の犬を使って犬がリードを引っ張る力を測定したところ

体重10キロクラスで最大25.3キロ、体重20キロクラスで

最大27.9キロだった。

また、リードが破断するまでの最大荷重を調べた。適用体重10キロ

以下のもので34.7~168.3キロ、適用体重20キロ以下では

29.8~200キロ以上と、銘柄によって差があった。

同センターの担当者は「銘柄によっては強度に余裕のないものも

あった。犬の種類や状況によっては、今回の測定値以上の

引っ張る力が発生することもある。事故を防ぐためにもメーカーは

さらに強度に余裕のあるものを製造するべきだとしている。

使用者に対しては<1>リードには適用体重や適用犬種例などが

表示されているのでそれらを参考に、強度に余裕のあるものを

選ぶこと<2>使用する際には各部を点検し、金属部の腐食や

ロープにほつれなどがある場合には使用を中止して新しいものに

交換することなどを助言している。

2009.5.3 読売新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思いもよらない事故は突然起こるものです。

犬に合わせたつもりでも、実は製品に表示しているほどの

余裕はなかったということが、あってはならないことです。

ときどき公園などで、リードなしで自由に散歩をさせたり

走らせたりする飼い主の方を見かけますが

こちらも危険な行為だと思うことがあります。

みんながみんな犬好きではないし、何かがきっかけで

必要以上に興奮してしまい、他人に怪我をさせてしまったら

大事になってしまう可能性があるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

非売品「ペットフードの秘密」が100名に当たる・・・

日本ヒルズ・コルゲートはこのほど、学習研究社の学習マンガ

「まんがでよくわかるシリーズ」の企画・製作に協力し、「ペットフードの

秘密」を発刊した。全国の小学校約23,500校と、公立図書館

約3,000館、全国約9,000の動物病院に寄贈される。

学研の「まんがでよくわかるシリーズ」は、20年以上にわたって続く

小学生向けの学習まんがとして広く知られる。

日本PTA全国協議会の推薦図書として認定されており、教育

現場の副教材としても使用されているとのこと。

このたび発刊した「ペットフードの秘密」では、子供たちが大好きな

ペット(犬・猫)の健康とペットフードが深く関係していることを

伝えるほか、ペットの選び方やペットの体の仕組み、ペットの病気

予防の方法など、ペットを飼うにあたって必要となる知識を

幅広く紹介する。「動物を飼うことへの責任感や命の大切さを

十分に理解していただける内容となっているます」(同社)。

同シリーズは非売品だが、5月1日から31日までに

同社公式サイトで応募すると、抽選で100名に同著と

サイエンス・ダイエット1kgがセットでプレゼントされる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月12日 (日)

愛犬への感謝の手紙コンテスト

日清ペットフード(株)は「いぬのしあわせコンテスト」を開始しています。

愛犬への感謝の気持ちを綴った手紙を募集中。

心温まる手紙をテーマに、800字以内の手紙を郵送または

ネットで受付します。

応募締め切りは、2009年6月1日(月)

応募資格は、日本国内在住で現在犬と一緒に暮らしている方

結果発表は、「いぬのきもち」2010年1月号

(2009年12月10日発行)誌上にてグランプリ発表。

入賞18作品は、同社サイトにて発表

~入賞商品~

・グランプリ 1名

商品券3万円分

オリジナルカレンダーへの作品掲載、プレゼント

日清ペットフード ドッグフード詰め合わせ

・準グランプリ 5名

商品券1万円分

オリジナルカレンダーへの作品掲載、プレゼント

日清ペットフード ドッグフード詰め合わせ

・特別賞 12名

オリジナルカレンダーへの作品掲載、プレゼント

日清ペットフード ドッグフード詰め合わせ

応募受付は郵送または指定の投稿フォームより受付

問い合わせ: いぬのしあわせコンテスト キャンペーン事務局

TEL 03-3238-6339(受付時間は平日10時~17時)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月17日 (火)

ペット火葬場建設23区初の許可制導入

板橋区は、ペット火葬場の建設に関し23区初の許可制を導入する

条例をつくった。住宅から50メートル以上離れることが許可条件で

事実上、住宅地での建設が禁止される。従来の建設手続きを

定めた条例の改正案が4日の区議会で可決され、4月から施行する。

区内では工業専用地域以外では住宅から50メートル以上離れて

建設することは事実上困難で、住宅地での新設はできなくなる。

付則で、既設火葬場についても炉の増設、更新に同じ条件の

許可を必要と定め、既設火葬場も将来的に住宅地から

なくなるようにした。

区内には既設のペット火葬場が2ヶ所、建設中が1ヶ所ある。

火葬場は健康、環境の問題に加えイメージ、感情的にも

迷惑施設として住民の反感を招きがち。従来の標識設置や

説明会開催などの手続きを定めた条例では、手続きさえ

踏んでいれば住民が反対しても建設できた。

現在建設中の火葬場については、区議会に工事指し止めや

許可制の条例制定を求める陳情が出され、区議会が昨年秋

全会一致で採択している。

改正された条例では、火葬場の建設には区長の許可が必要と

定めた。火葬炉の許可条件は▽住宅から50メートル以上離す

▽建物の中に設置▽固定式にする▽防臭装置を付ける

の4項目。偽って許可を受けた場合は許可を取り消し

許可を受けずに建設した場合は、使用禁止命令を出せる。

2009.3.5 東京新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、自分が住んでいる所の近所にペット火葬場があると

内心穏やかではいられません。

その場に出入りする様子が目に入ったり、人の動きがあったりすると

とても心苦しくなってしまいます。

イメージ的なこともそうだし、環境的なことから考えても

この条例は妥当だと思います。

どこか離れた別の場所に、心置きなく入れるペット火葬場が

あればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

愛犬写真を募集~夕張市~

26日開幕の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009」

実行委員会は、米国映画「マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

の上映会を記念し、愛犬の写真を20日まで募集しています。

全応募写真を上映日の28日に会場のゆうばり市民会館に展示し

最優秀賞1人にはドッグフード10kgと、同映画の4月の全国公開後の

ペア鑑賞券を贈呈。他の入賞者にはペア鑑賞券(10人)と

同映画祭のエコバッグ(同)を贈る。実行委あてのメール

marley@next-yubari.net  に氏名、住所、連絡先、愛犬の名を記し

写真画像を1人2点まで添付する。

詳しくは実行委 0123-53-2637へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

動物愛護週間制定60周年記念切手作画用写真の公募中!!

郵便事業会社は「動物愛護週間60周年記念・切手作画用写真

公募」を開始中です。

期間は2009年2月2日~2009年3月5日まで。

「動物愛護週間制定60周年記念・切手作画用写真」では

動物愛護センターから譲渡された犬や猫など、飼い主に可愛がられ

愛されている犬や猫の写真を募集。写真を基に、切手デザインを

起こし、動物愛護制定60周年記念として発売します。

作品の基準は、元気よく飼い主に可愛がられている様子が

伝わってくること、動物を可愛がり適正飼養のきっかけになること。

受賞点数は、犬の写真部門・猫の写真部門それぞれ1点以上

最大5点までとし2009年4月にホームページにて発表される。

「動物愛護週間制定60周年記念・切手作画用写真の公募」

ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

迷子ペット探しに専用電話~埼玉県~

パソコンを持っていなかったり、操作が苦手なお年寄りに代わり

迷子の犬や猫を県職員がデータベースからの代行検索するサービスを

埼玉県が1月30日から始める。全国でも初の取り組みという。

保健所などは収容中の迷子ペットの写真が一括検索できるシステムを

公開しているが、パソコンが使えないと利用できなかった。

県内には13の保健所がある。このため複数の保健所に何度も

問い合わせる必要があり、探し出すのを諦めてしまうお年寄りも

多かった。

新サービスでは専用電話でペットの特徴を告げるだけ。

県職員が検索し、見つかればまた電話で知らせてくれる。

見つからない場合でも、特徴が全保健所で一括して共有される。

パソコンがなくても電話一本で県内の迷子ペットがすべて調べられる。

県は「ペットはお年寄りにとって寂しさを紛らわす大事な存在。

一匹でも多く飼い主に返し、殺処分の削減につなげたい」としている。

東京都など隣県の住民も利用可能だ。

専用電話番号は048-824-2170。

平日午前9時~午後5時まで。

2009.1.28 時事ドットコム

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パソコンを持っていない人が、決してめずらしいことではなく

ご家庭にないお宅も多数存在します。

すべてネットに頼るわけにはいかないので、電話を使うアイディアは

とても良いことではないでしょうか。

県内の保健所にすべて情報が共有できる点も

迷ったペットを探している人にとっては、とても有難いことと思います。

簡単に諦めてしまう前に、誰でも手軽に使える電話で

一度に探す方法があると、処分される動物も減ることが

期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)