動物の病気と高齢

2009年4月 4日 (土)

盲目の猫救う「命のリレー」つながる

東京都江戸川区で、衰弱して車道をふらついていた1匹の老猫が

保護された。

両目を失明していたが、住民らは動物病院の手配や引取り手

探しに奔走。殺処分を逃れる「命のリレー」がつながり、千葉県の

女性宅で余生を送ることになった。

12日午前。西葛西の船堀街道沿いにある配管修理会社の

男性職員は、窓外のアメリカンショートヘアに気づいた。

疾走してきたトラックが危ないところで急停車。運転手は

猫を抱き、歩道沿いの公園に移した。

猫がまた車道へ出ようとしたので、男性の同僚が事務所内に

猫を入れた。

毛はよれよれで、やせこけていた。餌をやると「すごい勢いで食べた」

という。その後、動物愛護協会や都環境衛生課の動物管理係に

電話。近所の「とおやま動物病院」は休診だったが、頼み込んで

診てもらった。都は「江戸川区南部地区ペットクラブ連絡会」の

会長に連絡。会内の愛猫家グループ「ネコの会」の代表が病院に

足を運んだ。

10歳以上のメスで、両目は視神経の炎症で最近失明していた

ことが判明。レントゲン検査で左の肋骨5本に骨折跡が

見つかった。院長は「体のやわらかい猫が5本も骨折するのは

不自然。虐待の疑いもある」と話す。

引き取り手がいないと殺処分される。「何とか飼い主になって

くれませんか」。代表が翌日、千葉県の愛猫仲間に頼むと

快諾してくれた。トラック運転手、配管会社員、獣医師、都職員

愛猫家。「誰か一人でもいなかたら、猫の命は助からなかった」と

話す。老猫は「ネコの会」の会員がしばらく預かり、22日午後

引渡しされた。「せっかく助かった命。最後まで幸せに暮らしてほしい」

と話している。

2009.3.25 読売新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見事な連携ですね。

全員が、いわゆる「猫好き」ではなかったと思いますが

ふらついていても見た目が良くなくても、見捨てることなく

手を差し伸べることは、簡単にできることではありません。

気になるのは、この猫の元の飼い主です。

「どうせ目が見えないから」「弱ってるから」と、簡単に

手放したのでは?と思えるのです。

病気にかかっても体に何らかの異変があったとしても

可能な限りの治療をして、きちんと面倒を見るのが飼い主としての

使命ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

犬&猫にも進む高齢化の波

ペットフードメーカなど80社で組織する「ペットフード工業会」(東京)が

発表した「平成20年度全国犬猫飼育率調査結果」で

飼育世帯率から推計される飼育数は犬1310万1000匹

猫1373万8000匹の計2683万9000匹となり、昨年度に比べ

約130万匹増えたことが分かった。

15回目の今回調査は昨年10月、全国16~69歳の2人以上

世帯の女性および単身者の男女(回収率4318人)を対象に

行われた。

目立ったのは、猫の飼育数の増加。第1回(平成6年度)に比べ

犬の飼育数は約1.4倍だが、猫は約1.8倍に。

平均飼育数も1.84匹と、犬(同1.39匹)に比べ

多頭飼いの傾向がみられた。

ペットの高齢・老齢化も一層進む。一般的に犬や猫は7歳以上が

シニアとされるが、その率は犬で全体の55.3%(昨年度51.0%)

猫で47.4%(同45.8%)。うち約3割は10歳以上の

老齢犬・猫だった。

「ペットフードを購入する際に確認すること」では、58.7%の

飼い主が「成長段階(対象年齢)」を最重要確認項目として

挙げており、食べ物と長寿化との関連をうかがわせた。

一方、18年度を境に、15歳未満の子供の総数と犬猫の飼育数が

逆転。ペットの飼育数が増え続ける背景として、同工業会は

飼育可能な住居環境が整備された▽少子化の中で、ペットが

子供と同じようにかわいがられるようになった▽ペットと暮らすこと

による精神的効用が広がったーことなどを挙げている。

2009.2.24 産経新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬や猫は、人間の倍以上のスピードで年を取ります。

気が付いたときには、自分の年齢を追い越され

シニア世代になっているのではないでしょうか。

動物とはいえ、飼うことは家族の一員になるのですから

食べるものや健康に気を使うのは当然のことです。

動物医療も日々進化しているので、長生きすることが

可能になったこともあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

ペットフードの製造・表示・成分関連に関する規定案に意見募集中

愛玩動物飼料の安全性の確保に関する法律に基づき

これまで検討してきたペットフードの製造方法の基準や

成分規格等に関する内容を盛り込んだ「愛玩動物用飼料の

成分規格等に関する省令に規定する内容(案)」に対する

意見の募集をしています。

1月16日~2月15日まで。

応募は郵送、FAX、メールにて受け付けています。

詳しくは環境省のHPをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ペット治療ミス賠償金高額化

犬や猫などペットの医療過誤をめぐる訴訟で、敗訴した獣医師が

飼い主に支払う損害賠償が高額化している。昨秋言い渡された

東京高裁の訴訟審判決では、慰謝料が一審の倍額となる

40万円になった。最近の判決では、ペットを家族同然に

かわいがる飼い主の「愛情」を反映させた内容も多い。

専門家は「訴訟に向けた飼い主の相談件数は年々増えている」

と話す。

「我が子同様に可愛がり、強い愛着を抱いていた」

東京高裁で昨年9月にあった訴訟審判決で裁判長は

原告である神奈川県二宮町の主婦の愛犬、ミニチュアダックスフント

「桃子」への思いをこう認定した。

主婦は桃子が02年に診断ミスで適切な治療を受けられず

死にかけたと訴え、判決は約400万円の請求に対し

慰謝料や入院費など計約63万円の賠償を、横浜市内の

動物病院に命じた。桃子は07年1月死んだ。

判決は病院側の過失を指摘したうえで、主婦が

設備の整った環境で治療するために、自宅から離れた病院に

通ったことも考慮、慰謝料を一審横浜地裁判決の20万円の

倍となる40万円とした。主婦側によると、病院側は判決を

不服として最高裁に上告した。病院側は「係争中で答えられない」

としている。

ペットの医療過誤訴訟は1970年前後から起こされている。

68年5月には飼い犬の出産による死亡をめぐる訴訟で

東京地裁が飼い主の財産的損害と精神的苦痛の慰謝料として

獣医師に5万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。

ペットは法律上は「物」扱い。ただ、近年はペットを家族同様に

可愛がる人が増え、ペットの購入価格も上昇した。

「飼い猫は家族の一員というべき存在」(02年3月の宇都宮地裁

判決)「夫婦にとってかけがえのない存在になっていた」

(04年5月の東京地裁)など、飼い主の精神的苦痛を

認定する判決も少なくなく、損害賠償は高額化。ここ数年は

顕著で数十万~数百万に上る判決も出るようになった。

人の医療過誤と同様に獣医師が死因鑑定をする訴訟もある。

ペット訴訟を多く担当する弁護士によると、相談がほとんどなかった

10年前と違い、今は年間10件以上の訴訟相談があるという。

弁護士は「『番犬』というイメージは昔の話。飼い主の『愛情』と

精神的苦痛の大きさを認める判決が増えていくのは

時代の流れからいえば当然だ」と話している。

2009.1.12 asahi.com

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間と同様に「命」のある生き物という観点から考えると

ペットの治療ミスをめぐる訴訟があるのは、珍しいことではない

と思います。

世の中にペットブームの嵐が吹き荒れる昨今は

「ペット=物」というよりも、家族の一員で飼い主のことを

「ママ、パパ」と表現することに対し、抵抗を感じなくなりつつ

あります。

ペットロスという言葉があるように、愛情を込めて大切にしていた

ペットが医療ミスで死んでしまうことは、大きな精神的ダメージを伴う

ことになるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

パルボウイルスが大流行 獣医師「犬の予防接種を」

犬に感染、発症すると血便や嘔吐などを繰り返し、放置すれば

ほぼ死に至る犬パルボウイルス感染症が今年3月頃から県内で

多数発生していることが18日までにわかった。

県獣医師会は過去最大規模の大流行ととらえ、ワクチン接種を

呼びかけている。同ウイルスは人に感染しないという。

同医師会によると、ウイルスは感染した犬のふんや嘔吐物などから

うるつ飛沫感染が主な感染経路で、家で飼われ、外に出たことの

ない犬でも人の靴などから感染するケースもある。

発症した場合、激しい血便や嘔吐などを繰り返して衰弱していく

腸炎型や、子犬が突然死を引き起こす心筋型の症状がある。

動物病院などでの治療が必要という。

県柔医師会のまとめによると、今年3月から12月16日までに

計145件の発症は報告されている。名護市48件、うるま市21件

糸満市17件と本島全域で発症が確認されている。

2003年には本島北部を中心に、06年には中部で感染多発が

確認された。県柔医師会副会長は「過去と比べても今年の発症

件数は多い。県内のワクチン接種率の低さがまん延の一因と

考えられる。(感染しても)病院に連れてこなかったり

野犬も視野に入れれば確認数は氷山の一角にすぎない」と

さらに感染が広がることを危惧する。

12月18日 琉球新報

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パルボウイルスはワクチンで予防できる感染症です。

(100%完璧ではありませんが)

動物同士での感染はもちろん、人間にウイルスが付着して

広まってしまうのが恐ろしいところです。

自己判断をして適当な処置をしたために、悪化してしまい

すぐに病院へ連れて行けば、間に合って

助かることもあるかと思います。

さらに多頭飼育をしている場合は、次々に感染して

追いつかなくなるケースも考えられます。

パルボウイルスが流行しているのは沖縄県ですが

人が簡単に移動できる今は「対岸の火事」と思って

簡単に考えていては、いけないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

訃報です

私の動物仲間であり、友達でもある人が飼っていた犬が

虹の橋へ渡るパスポートを手に、旅立ちました。

Hana

手厚い看病と介護・・・睡眠不足との闘い・・・。

こ梅さん、犬生の後半は幸せだったよね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ペット社会も高齢化

メーカーなどでつくるペットフード工業会(東京)が

飼い主を対象に行ったアンケート調査で、愛犬や愛猫の

約半数が高齢期にあり、およそ3割は太り気味という

結果が出た。同工業会は「食品や医療の進化などで

寿命が延びる一方、室内飼いが主流となって運動不足の

ペットが多のでは」と分析している。

調査によると、犬を飼っている世帯数は18.6%

猫が14.4%(いずれも前年比0.3ポイント減)で

推計数は犬1252匹、猫1300匹とほぼ横ばい。

うち、ペットの高齢期とされ、人間では中年の40代後半となる

7歳以上の犬が51.0%、猫は45.8%と、およそ半分を

占めた。中でも、人間の60代以上に当たる10歳以上は

犬が29.0%、猫が28.3%と、4分の1強に上がった。

体形では「太っている」と「やや太っている」の合計が

犬で24.1%、猫で30.2%だった。

同工業会の事務局長は「商品パッケージにある給餌方法などを

よく読んで、適正な餌やりをしてほしい」と話している。

2008.8.31 47NEWS 47トピックス

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おねだりをされると、ついつい甘くなり与えてしまう場合が

多いのではないでしょうか。

催促されても、きっぱりと断るのは勇気がいるし

可愛そうな気持ちにもなりますが、こういったときこそ

心を鬼にして、グッとこらえることも大切かと思います。

そうすることで健康管理と共に、体形維持にも

つながるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

オリンパス動物向け医療機器強化へ

オリンパスは、ペットブームを背景に成長が期待される

動物向け医療機器事業を強化する。世界シェアの7割を

握る内視鏡を動物病院にも普及させるほか、小動物用の

小型内視鏡や関連の周辺機器などを開発し

潜在重要を掘り起こす考えだ。

日本で飼われているペットは犬だけでも1250万匹を超え

これに伴いペット関連市場も約1兆円規模にまで膨らんでいる。

うち動物医療関連が約3割を占め、今後も市場拡大が

続くとみられている。

こうした将来性をにらみ、同社では「動物事業開発部」を新設。

今後、機器の普及活動を本格化するとともに、動物病院向け

機器のラインアップも拡充する。

同社がとくに重点を置いているのは内視鏡の動物病院への

普及だ。現在、国内には約9000の動物病院があるが

内視鏡を導入しているのは10%程度にとどまる。

動物病院は年商3000万円以下の小規模経営が80%を

占め、最新機器の設備投資には消極的なことが背景にある。

反面で動物の手術でも、切開部分が少なくて済む内視鏡の

活用を要望する飼い主が増加しているとされ、利点を周知

することで機器導入につなげたい考えだ。

このため獣医師を対象にした動物用内視鏡セミナーなどの

開催を強化。内視鏡を操作できる獣医師を増やし

普及への土台作りを進める。さらに、小動物向けの

小型内視鏡に加え周辺の治療器具、ケア器具などを

開発し、獣医師の多様な要望にこたえられるようにする。

2008.7.30 FujiSankeiBusiness i 

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物医療も日々、進化していることの表れではないでしょうか。

体に負担が掛からないようになることはもちろん

費用の面でも出費が抑えられると、文句ナシです。

後は、実際に医療機器を使いこなすことができる

獣医師がより多く増えていけば、飼い主にとっても

動物にとっても有難いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

愛犬もメタボの時代

人間社会ではメタボリックシンドロームが大きな話題に

なっているが、近年、愛犬も肥満化の傾向にある

ようだ。そのため、メタボ対策用のドッグフードが売り出され

ペット向けのレストランでも野菜中心のフードが

人気があるという。

犬もヘルシー志向の時代を迎えたようだ。

ペットフード製造販売のマースジャパンリミテッド

が2月に販売したドッグフード「ぺディグリーナチュラル

ファーム」。良質なチキンとビーフに、ニンジン、インゲン

ジャガイモなどの野菜をふんだんに利用し、カロリーを

控えめにした。

保存料、着色料、発色剤は使わない健康的な

ドッグフードだ。同社は「人間も健康志向ですから

ドッグフードも健康的なものが必要なのではと

開発しました」と説明する。

同社が昨年春、約600人のドッグオーナーを対象に

アンケートを実施したところ、「ドッグフード以外に

野菜を与えている」「お肉と野菜がバランスよくとれる

フードを与えたい」と回答した人が多く、野菜もきちんと

バランス良く食べさせたいというニーズがあることがわかった。

「配合の割合は秘密ですが、一度試されるとまた買われている

ようで、売れ行きも好調」という。

ペット保険の大手、アアニコムが昨年11月、犬や猫を中心とした

ペットの飼い主約1000人に調査したところ、半数以上が

「ペットが肥満」と感じているという結果が出た。

今年1月に設立されたペット食育委員会(八王子)によると

近年、愛犬が肥満のために、関節を痛めたり糖尿病や

感染症にかかりやすくなっているという。

同協会の会長は、薬を使わず食事の見直しから

ペットの体質を改善し、自然治癒力を高める動物医療に

取り組んでいる。

「犬も人間と同じで、添加物に強い犬もいれば弱い犬もいます。

太っていればカロリーを抑えればいい。一概に何が悪いとは

いえません。それぞれの犬に合った食事が大切、病で弱っている

ペットが食事で元気になることで、一緒に暮らす家族も人間の

食を見直すきっかけとなるのが理想です」と話す。

同協会はペットの食事を通して、飼い主自身の健康も

見直し、日本の食文化の発展に寄与することを目指している。

やはり人間の問題とペットの問題は、軌を一にしていると

いえそうだ。

2008.7.2.  産経新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物が食べ物を欲しがると、つい与えてしまうことが

よくあるかと思います。

必要なカロリーや量が明確ではなく、おおよその目安で

与えている場合もあるかと思います。

できるだけ質が良く、安心できて信頼できるフードを

与えたいと考えるのは、どの飼い主さんでも思っている

ことでしょう。

フード選びも大切ですが、それよりも運動をすることが

大切ではないでしょうか。

人間でもダイエットには「適度な運動」と記されているものが

ほとんどですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

ペット夜間救急試行中・都獣医師会

都獣医師会は昨秋から「ペットは家族の一員」という

意識の高まりを受け、会員病院の輪番でペットの急患に

備えて夜間診療を試行している。

市獣医師会や有志の獣医師グループが対応する

ケースはあるが「都道府県レベルの広域体制は珍しい」という。

ただ、会員病院は都内に約700あるが、参加しているのは

約60病院と少ない。

さらに、会員病院の負担を考え、終夜営業としていない点や

認知度の低さなどから、これまでの利用は1晩あたり

都内で数件にとどまる。

都獣医師会では、毎晩午後7時から11時まで

都内各所の3~4の会員病院が診療に応じている。

飼い主が同会(TEL03-3405-0621)に

電話をかけると、最も近い病院を紹介されるしくみ。

名古屋市や川崎市の獣医師会などでは

病院を新設して夜間診療を行っている。

しかし、東京都のケースでは都内全域をカバーするには

複数の病院が必要となり「資金的に難しい」ことから

輪番製とした。

杉並区の獣医師会などは独自に輪番制で夜間診療に

取り組んできたが、都獣医師会の制度に統合した。

都獣医師会の夜間診療の実績はまだ多くないが

ニーズは高いとみられる。

周辺の約15病院が共同出資して2002年に設立した

「八王子夜間動物医療センター」の場合

毎晩平均5件の利用があり、「7~8件も来れば戦場」

という。診療時間は午後9時から午前6時と長い。

獣医師が1人のために対応しきれず、横浜市や神奈川県

相模原市などの病院を紹介する「たらい回し」も月に

1~2件ある。

2008.8.1.読売新聞

著作権第32条より「引用」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間と同じように、動物でも夜間診療の必要はあると思います。

いつ何時、状態が変わるかもしれないし

突然悪化することも考えられます。

夜間診療を体制付けている地域はいいですが

その制度がないために、泣く泣くあきらめることも多いので

全国的にこのような制度があればいいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)